【DM200】ポメラは16Whのバッテリ搭載!1カ月の電気代は120円!

(2016/12/02 追記更新)キングジム社正式回答により、3.7V・4200mAhの15,540mWhであることが確定しました。ポメラシリーズ(キングジム社)の最新機種であるDM200はこれまでのシリーズと大きく仕様が変わり、乾電池による動作をとりやめて、内臓バッテリーを採用しました。当サイトはこのバッテリーの性能をとことん検証しています。その中でも、「バッテリー容量」だけが不明でした。前回、以下の記事にて、モバイルバッテリーのインジケーターを元にバッテ...

記事を読む

近未来のホイポイカプセル? 宇宙望遠鏡スターシェード計画

この記事は近未来シリーズの第二弾です。第一弾の記事は以下に掲載しています。今回は、近未来の「ホイポイカプセル」とでも言うべき、面白いプロジェクトがNASA(アメリカ航空宇宙局、National Aeronautics and Space Administration、カリフォルニア州)で研究されていますので紹介します。その名も「スターシェード(Star Shade、直訳すると星陰)計画」です。このスターシェード計画は、近未来のカプセルほいほいとでも言うような...

記事を読む

【DM200】ポメラは8800mAhバッテリで満充電!3時間で可

ポメラシリーズ(キングジム社)の最新機種であるDM200はこれまでのシリーズと大きく仕様が変わり、乾電池による動作をとりやめて、内蔵バッテリーを採用しました。当サイトはこのバッテリーの性能他、他では出されていない詳細な仕様をとことん検証してきました。その中でも、「バッテリー容量」だけが不明でした。そこで今回、私が普段愛用しているモバイルバッテリーであるThinny8800(8800mAhのモバイルバッテリー)を使用し実際何回充電可能か検証し、その時のバッテリー残量の推移を記...

記事を読む

【DM200】速報-どこよりも早いポメラの本が電子書籍で登場!

2016/12/09 追記:読書レビューへのリンクを追加しました。 2016/11/16 追記:Kindle 本書が新書ランキング4位獲得しました。こちらの本は「Book Outliner 伊藤 崇 公式ブログを運営している、伊藤 崇先生が執筆された本」です(先生の他の本はこちらから閲覧できます)。

記事を読む

タイマー有効活用で生活が豊かに!節電や無駄の省略にも繋がります!

更新履歴 2017/07/05 AMP用にレイアウト変更 2016/11/12 初版 突然ですが、タイマー機能使ってますか?お料理を作る時だとか、カップラーメンを作る時とかに使いますよね。このタイマー機能、どれだけ活用するかによって時間をかなり有効に使えるようになります。例えば、次のような不満はありませんか?毎日朝から炊きたてのご飯を食べたいけど時間が取れない 洗濯を毎日やりたいけどかといって深夜にやるわけにはいかない アースノーマットが半分し...

記事を読む

【DM200】あらゆる情報を網羅!4万の価値ある?仕様を解説!

2017/01/06 更新:バッテリー容量の公式回答を付記。 2016/11/29 更新:液晶の輝度の計測結果を付記。 2016/11/22 更新:バッテリー容量の検証結果を付記。 2016/11/17 更新:新しいバッテリー容量の検証結果を付記。 2016/11/15 更新:自然放電に関する情報を付記。その他付記。 2016/11/11 初版。テキストでのメモ機能の快適さを追い求め続けている、キングジム社のポメラシリーズ。その最新機種であるDM200が発表されたのが10月4日、そして1...

記事を読む

【DM200】電池4本で動作、5時間超!電池での運用法を紐解く!

キングジム社(の人気シリーズであるポメラ。その最新機種であるDM200の情報をずっと追っている当サイトですが、もちろん前機種のDM100も大好きでした。その両者の決定的な違いの一つである、乾電池駆動タイプか内蔵バッテリー充電タイプかというもの。DM200が乾電池を廃止せざるを得なかった理由を様々な角度から検証し、仕様から単3乾電池6~12本必要となることや、分解レビューを行って性能がとても高いため消費電力が増加している可能性が非常に高いことなどを突き止めました。また内蔵されているバ...

記事を読む

【DM200】白黒反転は動作時間1割減!液晶の仕組みから理由を解説

ポメラ(キングジム社)の最新機種であるDM200。前回、この端末に対し、バッテリーがフル充電された状態からキーリピートし続けた際の連続駆動時間を検証し、このような厳しい条件でも10時間15分程度動作することを検証しました。さて、それではDM200から新たに搭載された「白黒反転モード」での連続駆動時間はどう変化するでしょうか。大幅に減るでしょうか、それともさほど変わらないでしょうか。そもそも、なぜこのようなことを検証する必要があるのでしょうか。それは、TFT液晶(Thin F...

記事を読む

【ポメラ?】DM200で「まどマギ」のOP動画を作った猛者現る

更新履歴 2017-02-01 関連記事を追加。 2016-01-05 初版公開。 若者だけでなく、年代層の高い方々にも絶大的な人気を誇る「魔法少女まどか☆マギカ」()。タイトルから受ける印象とはことなり、ストーリーは人間の負の感情を色濃く描くギャップが支持されて、社会現象と言っても過言ではない程人気になりました。そのまどか☆マギカの劇場版のオープニングを、ポメラDM200で再現してしまった方がニコニコ動画に現れましたので紹介します。

記事を読む

【DM200】裏技02-ファイルヒストリー機能が便利

更新履歴 2017/02/17 アウトライン構造変更。関連記事更新。 2016/11/05 初版公開。 このシリーズ「裏技シリーズ」は、ポメラDM200(キングジム社)を便利に使うための裏技のような、ちょっとした機能を紹介していく不定期企画です。第二回目の今回は、ポメラDM200に初めて追加された機能である、「最近使用したファイルの一覧」を紹介します。

記事を読む

【DM200】裏技01-CTRL+F8(確定リピート)機能が便利

このシリーズ「裏技シリーズ」は、ポメラDM200(キングジム社)を便利に使うための裏技のような、機能を紹介していく不定期企画です。その記念すべき第1弾は、「CTRL+F8(確定リピート)機能」です。

記事を読む

【DM200】新型ポメラは連続18時間動作じゃない!?実際に検証した

ポメラシリーズ(キングジム)は、省電力故に、乾電池で長時間連続動作することが、人気を博した一つの理由でした。最新機種ポメラDM200の、前機種であるDM100では、単3エネループ2本だけで12時間強も動作しました。それでは、DM200ではどうでしょうか。以下は、マニュアルからDM200の動作時間のマニュアル内にある説明です。これを見ると、連続動作時間が18時間にも及ぶように見受けられますし、有名なとある発売前の動画レビューでも連続動作時間が18時間であると明言されて...

記事を読む

【DM200】UTF-8、新型ポメラが扱える記号の一覧

ポメラDM200(キングジム)は、前機種のポメラDM100の扱えるShift_JISに加えて、UTF-8が扱えるようになり、多くのテキスト編集を行っている人々から支持を集めており、前機種からの重要な進化のポイントと言っても過言ではありません。扱える漢字に関しては、新型ポメラ発表会のキングジムの発表にて、「JIS第三第四水準の漢字を使用できる」と明言されています。しかし、「では扱える記号がどう変わったのか?」は不明瞭な点がありました。これは、ポメラDM200ではモリサワフォン...

記事を読む

【DM200】動画で見る新型ポメラのアウトライン編集の性能!

前回の記事では、アウトライン編集機能をこと細かく解説しましたが、長すぎてスリプルの魔導書と化していました。そこで、今回は動画レビューを作成しましたので、前回の記事で眠ってしまった方・読む気がおきなかった方々や、前回の記事でアウトライン編集に食指が動かなかった方々など、是非今回の動画解説を御覧ください。そしてほんの少しばかりの、Youtubeのチャンネル登録(ここから出来ます!)をお願いします(笑)。

記事を読む

【新型ポメラ】DM200が、ついに我が家にやってきた!

更新履歴 2017/02/17 アウトライン構造を修正。関連記事更新。 2016/10/27 開封レビュー動画を投稿 2016/10/24 初版公開10月21日発売のDM200(キングジム・ポメラDM200)。当サイトの管理人は10月4日に申し込みを完了していましたが、在住地が奄美であるため輸送に時間がかかり、結局届いたのが10月24日の午後7時30分頃でした。早速DM200を開封したので、開封レビューを行います!

記事を読む

【竹内愛美】犯行は11:35~16:00?弟のツイッター3千件強を検証!

以前、直近600件のTwitter投稿をもとにした死亡時刻の論理的な推定を行いましたが、今回より正確な推定を行いました。これにより「死亡時刻の最大の範囲の推定に成功した」ことと、やはり「夜勤明けで就寝していたところを殺害された可能性がとても高い」ことが分かりました。そこで今回、再度推定して得られた結果を報告します。更新履歴 2017/10/06 アウトライン構造を変更。本文修正 2016/10/24 公開

記事を読む

加水分解を解説!ベタベタの原因対策は?ポメラ中心に調べた!

ポメラ(KING JIM、Site)はDM10、DM5、DM20、DM100、DM25、そして2016年10月21日発売の最新機種であるDM200という、連綿たる進化の過程を経て生まれてきた人気シリーズです。しかし、愛好家も多いのですが、した。この特性を有していたDM10やDM20は、いわゆるマットな質感をした製品でした。そして最新機種であるそこで今回は、加水分解とは何かを調べて解説し、ポメラDM200に加水分解の対策が必要かを考慮するものとします。

記事を読む

【DM200】廃止された表機能を無理やり実現する-TACT仕様策定

現在当サイトが開発を行っている「Pome - Pomera OPML Converter - ぽん。」は、OPML(アウトライン形式のファイル)やマインドマップのMMファイル(FreeMindで採用されている形式、)をポメラDM100やポメラDM200(キングジム、)で閲覧したり、編集した結果を使用できるようにするソフトウェアです。

記事を読む

【DM200】ポメラはテキストだけじゃない!マインドマップも扱えます!

今日2016年10月21日は、ポメラ(キングジム)の最新機種である「DM200」の発売日です。既にゲットされている方や、私のようにネットショップで注文して、到着を今か今かと待っている方も居るでしょう。そんな方々の「ドキュメンティング(各種文章化作業)を手助けできたら嬉しいな」という気持ちで開発している、通称「ぽん。(Pome - Pomera OPML Converter - ぽん。)」の最新版を、記念すべき本日にバージョンアップしましたので告知します。

記事を読む

【DM200】「ぽん。」の使用上の注意と裏技、次期バージョン告知等

前回開発し公開した「Pome - Pomera OPML Converter - ぽん。」は、ポメラDM200(KING JIM、)のアウトライン編集機能に限定したツールです。それによって様々な制限・注意事項がありますので、今回はその点を書きます。また、便利な裏技がありますのでそちらも公開します。そして、近々のバージョンアップの想定もこちらに記載します。

記事を読む