tone

トーンはなぜ安い?7つの特徴を解説!動画SNSを満喫する5箇条も!

この記事をシェアする
更新履歴
2017/01/18 文章構造を変更。情報を補足修正。
2017/01/06 一部の誤表記を修正。タイトル変更。

みなさんこんにちは! 最近、嬉しいこと続きのガノーです!

この記事はありがたいことに「トラフィックゲート」さんがおこなっているキャンペーンに当選し、

「TONEモバイル(トーン-)」を3週間近くお借りして、実際に触りながらレビューさせて頂くことができました!

そこで今回は、TONEモバイルを実際に契約した人や、今まじめに契約を考えている方の参考になるよう、

「TONEモバイル+【YouTube/SNS】≒満足感を得る!」

という点を中心に解説していきます!

 

 

 

 

目次

はじめに

みなさんは、ここ最近「低価格をウリにしている【格安スマートフォン業界】が大人気」なのをご存知かと思います。

そのなかでも、TONEモバイルは別格です。

テレビCMをバンバン放映している某格安スマホよりも、月額900円~1,000円弱も安いです。

でも、この「格安スマートフォン」に興味を持っていても、

料金が安い分、安かろう悪かろうで使い物にならないんでしょ?

そんなふうに思っていませんか?

私も、実は使う前にはそう思っていたんです。

だって安すぎますし…(汗)。

「よさそうなものには、きっと裏があるに違いない!」と思うのは人間のサガというか(笑)。

しかし、実際に使ってみるとそれがそうでもないことが分かりました。

というよりも、

色々使っていく中で、うまく使えばYouTubeやSNSを楽しむ用途では十分だと分かったのです!

 

 

そもそも、格安スマートフォンを使いたいと思っている方は、たぶん普段から節約思考を大切にされているかただと思います。

そう考えると、

  • 節約思考をもっている主婦のかた
  • 製品をうまく使うことで魅力を最大限に引き出し、お得に使いたいと思っているかた
  • 2代目のスマートフォンを探しているかた

このような方々に、

TONEモバイルはぴったり合うんじゃないでしょうか。

 

 

ようするに、節約すべきところはうまく節約して、必要なときだけうまく使うことがポイントというわけです。

でも、実際のところ「スマホで節約ってどうするの??」と思いませんか?

 

そこに主眼をおいたのがこの記事なのです!

TONEモバイルでうまくデータ通信を節約する方法を紹介しています!

ただ、ちょっと記事が長いです(;´Д`)。

でもできるだけ分かりやすく、専門用語などはバンバン解説を入れています。

操作方法などは画像をふんだんに使って説明していきますので安心して読み進めてくださいね!

 

 

記事の構成

この記事は

TONEモバイルでSNSやYouTubeを、自宅にWi-Fiが整備されていない状態でも、快適に閲覧する!

ことを目標に書いています。

やっぱり、自宅にWi-Fiを設置していない家庭って多いんですよ。

それなのに、今使っていない人の方が少ないんじゃないかと思われる「SNS」や「YouTube」。

せっかくのスマホ、楽しめなかったらもったいないと思いますよね?

なので今回は、

  • 最初に、実際ちゃんと楽しめるか使ってみた結果をまずお見せします!
  • 次に、なぜTONEモバイルが安いのか、料金体系の7つのポイントをひもときます!
  • そして、うまく使うための5つの方法を紹介します!

それでは、以降の記事をお楽しみくださいね!

 

 

実際の使用例

例えば、2012年12月11日の様子をごらんください。この日は日曜日ですので、結構スマホを使いました。

  • YouTubeの動画4本、1時間ちょっと楽しみました
  • さらに1時間ほどウェブサイトを見ていました
  • さらに2時間ほどオンライン麻雀ゲームを遊んでいました
  • 10本くらいウェブニュースを読んでいました
  • 5本のツール(アプリ)をダウンロードしました
  • Twitterで11件発言し、14件のリツイート、2件のDMを送信しました
  • GMailが3件新規で来たので読んでいました
  • IP電話サポートを1回使用しました。5分位でした。

その他の時間はビジネス書を読んだり、テレビをみたり。

この記事の下書きをポメラDM200で書いていました。

そうして、この日一日のトータルで使用したデータ量は139MBくらいでした。

日曜日にTONEモバイルで動画閲覧や色々とやった結果。
日曜日にTONEモバイルで動画閲覧や色々とやった結果。

この時の詳細については、以下よりごらんください!

 

 

 

TONEモバイルで今回紹介する設定をしてYouTubeを見た結果

TONEモバイルでデータ通信量を節約して閲覧した結果。結構キレイだし、音ズレもなし!
TONEモバイルでデータ通信量を節約して閲覧した結果。結構キレイだし、音ズレもなし!

※ヒカキンさんの動画をキャプチャさせて頂きました→YouTubeのページはこちら!

 

結構綺麗に見えませんか?

混雑時でも音などがズレることも殆どなく、快適に動画をみることができます。
ヒカキンさんの動画は楽しい(※非課金であって、末尾は菌じゃありません!)。

でも、細かい文字などは今回説明した方法だとツブレてしまいます(;´・ω・)↓

今回紹介する方法だと文字がちょっと潰れちゃいます。お料理の紹介とか、文字に意味があるときは後から説明するデータチケットを活用してくださいね!
今回紹介する方法だと文字がちょっと潰れちゃいます。お料理番組とか、文字に意味があるときは後から説明するデータチケットを活用してくださいね!

 

これじゃ、何が書いているかわからないかも(汗)

画面に出ている文字に重要な意味があるときは、あとで説明するデータチケットを有効活用したいところです。

 

 

うちのサイトも見えますよ!

うちのサイトみたいに画像使いまくりのサイトも問題なくよめます!(クリックでこの記事に移動します)
うちのサイトみたいに画像使いまくりのサイトも問題なくよめます!(クリックでこの記事に移動します)

 

うちのサイトは画像使いまくりですが、スムーズに閲覧できます!

※ この画像は12月12日に投稿した記事をスクショしています。

cimg0398
2016/12/13  再追記。カレンダータイプの情報を追加! 2016/12/13 追記。手帳タイプにA5サイズを追加! みなさんこんにちは! 最近記事更新が少なく

 

 

Wikipediaも見れます!

Wikipediaはものごとをしらべたいときに便利!学生の自習から、地理まで!
Wikipediaはものごとをしらべたいときに便利!学生の自習から、地理まで!

 

ちゃんとWikipediaもスムーズに閲覧できますよー!

ちなみに、TONEモバイルは自分で何か勉強したり、何かを作る人におすすめです!

勉強のしらべものとか、料理のレシピ・献立をしらべたり。

囲碁将棋の定石をしらべたり。

それを専用のクラウド領域(インターネット上の保存場所)へ保管したり、いろいろできます!

 

 

Twitterは画像投稿もスムーズです!

以下の画像は、TONEモバイルで近所の海(奄美)を撮影した写真です!

曇天でしたが、けっこうキレイにとれました!

Twitterへの投稿もスムーズです!

※こちらの2つは、12月7日にTONEモバイルから投稿したものです。

 

 

 

補足

今回は紹介していませんが、TONEには「ONE」アプリや「ライフログ」アプリという便利なものがあります。

ONEアプリなら、メモや写真をインターネット上に保管しパソコンから管理することができます。

さらに「ライフログ」アプリなら、他のスマホと違って心拍数と歩数を管理できます。運動が趣味の大人の方から、部活動に励む学生、ご年配の方々の健康管理など、幅広い年代の方々に便利です。

興味のあるかたは以下の画像をクリックして、公式サイトからしらべてみて下さいね!

↓  ↓  ↓
トーンには幅広い年代に向けたアプリが満載!(クリックで製品ページへ移動します)
トーンには幅広い年代に向けたアプリが満載! クリックして製品ページから詳細を確認してくださいね!

 

それでは、次に料金体系の7つのポイントを解説します。

なぜ安いか知らないと、うまく使えませんからね!

 

 

TONEモバイルなぜ安い? 料金体系しらべながら7つのポイントにひも解いていみた

TONEモバイルって、実際どれくらい安いのか、なぜ安いのか。

その低価格性に少しでも魅力を感じていないと、この記事を読み進めてくれないでしょうし(笑)。

また、安い理由の裏を…仕組みを知らないと面白くないですからね!

 

 

料金が安い理由って、実は本体代金が高いとか?→違います

TONEモバイルの端末は現在「TONE m15」という機種のみで、「29,800円(税抜)」です。

※スペックの説明は以下の画像をクリックして公式サイトを確認して下さいね!

↓  ↓  ↓
TONEのスマホは高機能のm15のみ。29800円は安いね。詳細なスペックは画像をクリックして公式サイトを確認してくださいね!
TONEのスマホは高機能のm15のみ。29800円は安いね。詳細なスペックは画像をクリックして公式サイトを確認してくださいね!

 

このように選択肢がないから余計に分かりやすいのですが、他のスマホと比べて圧倒的に安いです。

ちなみに私が普段使っているスマホは「シャープ」の「SH07E」という、4年弱前に7万円以上もした端末なのですが、、、機能も性能もTONEモバイルのほうが上です(笑)。

色々な面白い機能があるTONEのスマホが4年もしないで半額以下で買えるんですね。。。

 

 

ポイント

TONEモバイルの端末代はかなり安い部類!

たったの29,800円(税抜)!

 

 

実は初期費用とか、違約金が高いんじゃないの?→違います

本体代が高いんじゃなければ、初期費用とか、違約金でガッポガッポってからくりでしょうか?

安心してください、そんなことありませんよ。 (By ●村)

(…古い;´∀`)

 

というよりも、このTONEモバイルって、あの有名なTUTAYAのスマホなんですよね!

超一流の企業というだけで安心感はありますよね!

と、言うだけで終わったら怒られそうですので、ちゃんと確認しておきましょう!

 

 

初期費用はたったの3,000円!

初期費用って必ずかかるじゃないですか。それをべらぼうな額にしているなんてことはないよね??

と、しらべていくと、初期費用は良心的な3,000円ポッキリでした!

↓  ↓  ↓
TONEモバイルの初期費用。手数料は3000円ぽっきりでした!詳しくは、この画像をクリックして公式サイトで確認してくださいね!
TONEモバイルの初期費用。手数料は3000円ぽっきりでした!詳しくは、この画像をクリックして公式サイトで確認してくださいね!

 

一般的な金額というか、むしろ安いくらいですよね。

ポイント
TONEモバイルの初期費用はたったの3,000円!

 

 

 

最低利用期間は24カ月だった!

TONEモバイルは最低利用期間が設定されており、期間が2年間と定められています。

この仕組みは一般的ですよね。

 

これをもっと分かりやすく表現すると、

購入した月から2年間、TONEモバイルを使ってね!

それよりはやく解約すると9,800円かかるかんね!

という意味です。

これもTONEモバイルの料金を安くするための仕組みのひとつなのでしょう。

 

ようするに、

ある程度安くサービスを提供するから、その分長く使ってね!

ということです。

また、解約時には必ずSIMカードの返却が必要です。

これをもし返却できない場合(ようするに紛失した場合)、その時はさらに3,000円の紛失手数料が必要になります(※メモも読んでね!)。

 

ちなみに

TONEモバイルはクーリングオフ制度(契約をおこなった後に、その契約を一定期間以内なら契約を取り消せる制度)が使えます。

このことはTONEモバイルの公式サイトにも明記されています。

端末を受け取ってから数えて8日間以内なら、「書面やサポートセンターへ電話」でクーリングオフすると伝えることで、契約を取り消すことができます。

その時はもちろん違約金9,800円を支払う必要はありません。

※ ただし、MNPをしていたらクーリングオフをしても9,800円の転出手数料があるなど細かい条件があるようです。

実際にTONEモバイルを契約してみて、この記事の後半で説明している節約術を実践してみても、満足感を得られない方もいるかもしれません。
(;´Д`A “`…そうなると残念ですケド…)

ですので、これは利用者の権利として覚えておきましょう!

 

ポイント

TONEモバイルは24カ月間の利用期間があるよ!

その期間に満たないで解約すると「9,800円」かかっちゃう!

また、紛失した状態で解約すると「3,000円」かかりますので気を付けましょう!

メモ

ちなみに「安心サポート」という月額500円のオプションに加入している場合、警察署に届けでて受理番号をもらうなどの手続きを行えば、無料で端末を交換することができます。

不意の故障からだけでなく、解約時のSIMカード紛失手数料を抑える効果も期待できます!

↓  ↓  ↓

月額500円で盗難・紛失補償がつくし、外出先でWi-Fiが使い放題なら安いよね! 詳細はクリックして公式サイトから確認してくださいね!
※ 月額500円で盗難・紛失補償がつくし、外出先でWi-Fiが使い放題なら安いよね! 詳細はクリックして公式サイトから確認してくださいね!

 

一般的な契約形態のようですので、料金の安さの秘密というには説得力がたりないですね。

ぜったいに他にもなにかあるハズと思いながら、料金プランの調査を続けました。

 

 

 

 

1カ月の通信容量の制限が1GBとか低すぎるんじゃないの?→違います

あなたのスマホ、月額通信容量を把握していますか? 5GBですか? 7GBですか? 最近増えてきた14GBですか?

このTONEモバイル、実は月にどれくらいの通信容量が使えるかは明言されていないんです。

そのため、「TONEモバイルは月額通信が使い放題!」と紹介されることもありますが、これははっきり言ってまちがいです。

そもそも、TONEモバイルでは以下のような「1日単位、3日単位」で、通信容量に応じた速度制限が行われています!

 

TONEの速度制限の詳細。クリックして拡大します!
TONEの速度制限の詳細。クリックして拡大します!

 

さて、これを一般的なスマホの月額通信量制限と比較するために、月額最大使用量を算出してみましょう。

 

TONEモバイルの月額最大使用量の算出条件

  • 1日間で99.99MB使用し、速度制限がかからない使用状態を維持できたものとする
  • この時、1年の長さを365日とする(※コラムも読んでね!)
  • 単純に12分割した値を月額通信量の最大値とする

 

この前提を元に計算すると、TONEモバイルは「3.04GB」も制限されずに使えることが分かります。

1,080円で3.04GBなのですから、1GBの単価がなんと355.26円。破格ですね!!

しかも、あとプラス324円(税込)で高速データチケット(高速通信1GB分)がつけられますし、最大2枚の648円分まで追加することができます。

むしろ、これらをつけた方が単価が下がってお得なのはわかるのではないかと。

したがって、これをひっくるめて1,728円で5.04GBとなるわけですから

1GBの単価がたったの342.86円ということがわかります。

たとえば、これを比較用に7GBの一般的な契約に換算しなおすと、2400円ちょっとなんですね。

他の会社なら基本料とパケット通信代込みでひと月5,000円~6,000円もかかるのですから、驚異的な安さを実現していることがわかります。

ようするに、他のスマホを契約するより2倍近くもお得にデータ通信が楽しめるんですね!

 

ポイント

TONEモバイルの通信代はかなり安い!

高速通信オプションを使えば1,728円(税込)で5.04GBの、おどろきの低価格を実現!!

1GBの単価がたったの343円という圧倒的な安さ!!!

 

コラム

年の長さって365日ちょうどじゃないって知ってる?

うるう年という4年に一度、1年が1日長くなる日があることはご存知でしょう。

そのうるう年はさらに、100で割り切れる年は365日のままなのに、400で割り切れる年は366日とするといった細かいルールがあります。

それをもとに計算すると「1年の長さは365.2425日」と計算できるのです。

ちなみに、天文学の中では「1年の長さは365.2422日」なので、かなり近い値ですが、私達が普段使っている「西暦」と比べるとかなり小さいものの誤差があるんですね。

 

 

じゃなんでこんなに安いの?→通信速度の制限が厳密だから!!

1カ月の通信容量も3GB~5GBも使えるのに、1GBあたりの値段もとても安いことがわかりました。

TONEモバイルが安い理由、私気になります!
(By 千反田ガノー)

だからこそ、なぜこんなに安いのか気になって仕方がありません(笑)。

そしていろいろと実際に本体を使いながらしらべていくと、理由がわかりました。

やはりというか、通信速度でした!

この通信速度の状態を細かく設定することで、破格な料金体系を実現しているようです。

 

 

TONEモバイルの通信速度の状態は3種類ある!

TONEモバイルには、通信速度の状態別に3種類あり、

  • 通常状態
  • 通信速度制限状態
  • 高速データチケット使用状態

といった感じです。

それぞれについて、こまかく解説していきます。

 

 

通常状態

まず、TONEモバイルの通信速度は、公式サイトにて600Kbps~700Kbpsとされています。

そこで、実際に端末がありますので計測してみました。

TONEモバイルの通常時のアクセス速度。ベストエフォートなので、早い時と遅い時の差があります。
TONEモバイルの通常時のアクセス速度。ベストエフォートなので、早い時と遅い時の差があります。

 

この「通常状態」の速度は以下のようになりました。

 

  • 常時300Kbps~1,500Kbpsもの高速通信ができました!
    • 瞬間的に遅かったり逆に速かったりするものの、平均は400Kbps~600Kbps前後でした!
    • 深夜から朝にかけては平均で700Kbps~800Kbpsも出ました

※ 計測した時間帯は、平日日中、平日ゴールデンタイム中、祝日午前午後など。
※ やはり、ベストエフォートでした。

 

この結果は結構凄いと感じています。

だって、パソコンでADSL(電話回線を用いた高速インターネット通信)を用いた速度に近いですからねー。

この回線速度なら、この記事で紹介する方法を実践するとYouTubeやTwitterもじゅうぶんに楽しめます!

 

ポイント

TONEモバイルは実測で、およそ平均400Kbps~600Kbps前後でした!

案外はやいね!

 

 

通信速度制限状態が安さを生んでいる!

々しらべていて、ついに安さのからくり仕組みが分かりました!

ズバリ、この「通信速度制限状態」にあるみたいです!

TONEモバイルは、さきほど説明したように通常の通信速度が結構早いです。

ですが、1日で300MBをこえたり、3日で300MBをこえると通信速度が規制されてしまいます。

実際にこの規制状態をむりやり起こさせて計測したところ、通常のスマホ同様に結構遅くなることが確認できました。

 

TONEモバイルのアクセス制限時の速度計測結果。通常のスマホの半分近くに制限されているのかも。(クリックで拡大します)
TONEモバイルのアクセス制限時の速度計測結果。通常のスマホの半分近くに制限されているのかも。(クリックで拡大します)

 

この計測結果は「110Kbps」でした。

通常の各種携帯電話会社の速度制限状態では「100Kbps~200Kbps」程度になることがおおく、制限時の体感速度もおよそ半分くらいのようです。

データ通信の料金が半分くらいで、制限時の速度も半分くらい。

まあまあ妥当な感じがしますし、、、自業自得な感はありますが、、、やっぱりこうなると遅いですね(汗)。

そもそも、TONEモバイルはNTT docomoの回線を間借りしているものです。

docomoのサービスに負担をかけないよう、通信速度や通信容量を抑えることで安さを保っているということなのでしょう。

 

ようするに、TONEモバイルは「むちゃな使い方をさせないことで、低価格性を保っている」のだと思われます!
(注:これは個人の感想であり、性能を保証するものでは云々かんぬん某番組風以下略)

 

ポイント

速度制限状態だと通常のスマホの半分くらいの速度に!

でも、制限状態でも高速データチケットが切り札に使えます!

(次に解説します!)

 

高速データチケットという切り札!

速度制限状態はようするに、

使い過ぎだよっ!

とお叱りを受けたようなものです。

でもこの速度制限状態、高速データチケットが切り札として使えるのでそんなに怖いものではありません。

 

↓  ↓  ↓
TONEは必要な時に更なる高速通信を行うためのチケットが、速度制限時にも使えます!画像をクリックすると公式サイトに移動しますので、詳細を確認してくださいね!
TONEは必要な時に更なる高速通信を行うためのチケットが、速度制限時にも使えます!画像をクリックすると公式サイトに移動しますので、詳細を確認してくださいね!

 

 

このチケットを使うと、LTEの高速データ通信をフルに使えます!

この高速データチケットは1枚324円(税込)がかかりますが、これだけで1GBも使えます。

一般的なスマホだと2GBの高速データ通信が2,000円以上することもおおく、それと比べて十分にお得なオプションでしょう。

 

通常は「Google PlayやYouTubeなど、比較的高速な通信速度が必要な時に用いるもの」なのですが、速度制限状態でも使えるんです。

しかも、この速度制限状態にチケットを使って通信した容量は、容量制限の対象になりません。

言い換えれば、速度制限状態をすり抜ける裏技と言えるわけです。

また、この高速データチケットを2枚購入した方が、1カ月あたりの通信単価を下げることができるのは説明した通りです。

安いのに便利な裏技。ぜひ使いこなしたいものですね!

 

ポイント

高速データチケットを切り札としてうまく使おう!

これで速度制限状態でも大丈夫!

 

 

 

 

TONEモバイルの7つの特徴をおさらい!

では、改めて7つの特徴をおさらいしましょう!

 

ポイント

ポイント1:もともと端末代が安い!
→最新機種が買い切りで29,800円!!

ポイント2:初期費用も良心的!
→初回たったの3,000円だけ!

ポイント3:最低利用期間が24カ月!
→それより早く解約すると「9,800」かかるから気を付けて!

ポイント4:TONEモバイルは低コストでデータ通信できる!
→1GBの単価がたったの343円! これはオドロキ!!!

ポイント5:通常時は平均300Kbps~700Kbps前後の通信速度!
→上手く使えばSNSもYouTubeも楽しめる!

ポイント6:TONEモバイルは速度制限状態だと結構たいへん!
→1日の通信量は90MB~150MB、3日で300MB以下におさえよう!
→これがTONEモバイルの安さのヒミツだかんね!!(たぶん)

ポイント7:高速データチケットは速度制限状態でも大丈夫!
→1枚324円の高速データチケット2枚を切り札としてうまく使おう!

 

もしもこの破格な料金プランに興味を持たれた方は、以下の画像をクリックして公式サイトをチェックしてくださいね!

↓  ↓  ↓

 

(PR)TONEモバイルの公式サイトはこちらから!

TONEのスマホは高機能のm15のみ。29800円は安いね。詳細なスペックは画像をクリックして公式サイトを確認してくださいね!
TONEモバイルのより詳細な情報を知りたい方はクリックしてくださいね!(公式サイトへ移動します)

 

 

 

 

 

TONEモバイルでデータ通信をとことん節約するための5箇条を伝授!

ここまでで、TONEモバイルの料金体系をひもときました。

これによりTONEモバイルを楽しむためには、うまくスマホの通信量を節約しすることの大切なのだとわかりました。

それでは、これを実現するために、

実際にTONEモバイルでSNSやYouTubeを楽しむための操作や設定を行いましょう!!!

 

 

TONEモバイルに合わせた通信量の計測を有効にしよう!

スマホの機能として、月にどれくらいデータ通信をしたかや、任意の期間を指定してどれくらいの通信をしたか把握する機能があります。

しかし、TONEモバイルは、あらかじめ月に使える通信量が決まっていません。

大切なのは

  • 今日の通信量
  • おとといから今日までの3日までの通信量

です。

これを正しく把握することで、不意の速度制限におちいることを防止できますが、スマホに最初からある機能では不十分です。

そこで、専用アプリをダウンロードし、設定しましょう!

 

アプリのダウンロード

 

Google Playから「通信料モニター」と検索をおこないましょう!

 

その後、以下の手順を行います↓

1)「インストール」をおします。

通信量を知るためのアプリ。インストールをおそう!
通信量を知るためのアプリ。インストールをおそう!

 

2)「同意する」をおします。

画面に出てきた「同意する」をおします。
画面に出てきた「同意する」をおします。

 

3)つづけて「同意する」をおします。

つづけて「同意する」をおします。
つづけて「同意する」をおします。

 

4)インストールされるまで待ちましょう。

インストールされたら、以下の画像のようなアプリを探して、タップしましょう。

今回使うアプリ。これを探してタップで起動します。
今回使うアプリ。これを探してタップで起動します。

 

 

 

TONEモバイル専用の設定をする

1)「次へ」をおしましょう。

アプリをタップすると起動します。「次へ」をおしましょう。
アプリをタップすると起動します。「次へ」をおしましょう。

 

2)「月の制限」をタップして、[raw]☑[/raw]をはずし□にしましょう。

「月の制限」をタップして、☑をはずし□にしましょう。
「月の制限」をタップして、☑をはずし□にしましょう。

 

3)以下の手順を行います。

  • ①「3日間の制限」をタップします
  • ②その下の数値をタップし、「300」と打ち変えます
  • ③その右にある「GB」をタップします
①「3日間の制限」をタップします。②その下の数値をタップし、「300」と打ち変えます。③その右にある「GB」をタップします。
①「3日間の制限」をタップします。②その下の数値をタップし、「300」と打ち変えます。③その右にある「GB」をタップします。

 

4)「MB」をタップします。

「MB」をタップします。
「MB」をタップします。

 

5)3日間の制限を変更したのと同様に「1日の制限」に[raw]☑[/raw]を付け、「300」の「MB」にします。

3日間の制限を変更したのと同様に「1日の制限」に☑を付け、「300」の「MB」にします。
3日間の制限を変更したのと同様に「1日の制限」に☑を付け、「300」の「MB」にします。

 

6)この写真の通りになっているか確認します。その後「次へ」をおします。

画面をみて、この写真の通りになっているか確認します。その後「次へ」をおします。
画面をみて、この写真の通りになっているか確認します。その後「次へ」をおします。

 

7)使用済み通信量を設定し、「次へ」をおします。

※ 意味がわからない方は「0」のままで構いません。

使用済み通信量を設定します。意味がわからない方は「0」のままで構いません。「次へ」をおします。
使用済み通信量を設定します。意味がわからない方は「0」のままで構いません。「次へ」をおします。

 

8)通信速度が表示されるようになりますので位置調整し「OK」をおします。

※ 黄色い位置に通信速度が表示されるようになります。
※ これは画面を指でなぞって移動させることができます。
※ 【自分の目で邪魔にならない場所へ移動】してください。

黄色い領域に、通信速度が表示されるようになります。これは画面を指でなぞって移動させることができますので【自分の目で邪魔にならない場所へ移動】してください。その後「OK」をおします。
黄色い領域に、通信速度が表示されるようになります。これは画面を指でなぞって移動させることができますので【自分の目で邪魔にならない場所へ移動】してください。その後「OK」をおします。

 

9)つづけて「終了」をおします。

つづけて「終了」をおします。
つづけて「終了」をおします。

 

10)通信速度モニターに関しては「キャンセル」をおします。

通信速度モニターをどうと画面に出てきますが、今回は「キャンセル」をおします。
通信速度モニターをどうと画面に出てきますが、今回は「キャンセル」をおします。

 

11)はじめて使うと、このような説明が出るので画面を数回タップします。

はじめて使うと、このような説明が出るので画面を数回タップします。
はじめて使うと、このような説明が出るので画面を数回タップします。

 

12)右上の「」(…が横倒しになったようなもの)をタップして、「設定」をおします。

右上の「…」をおすと「設定」がでてくるのでこれをおします。
右上の「…」をおすと「設定」がでてくるのでこれをおします。

 

13)

「当日、3日間」をそれぞれタップして☑をつけます。「今月」もタップして☑をはずして□だけにします。
「当日、3日間」をそれぞれタップして☑をつけます。「今月」もタップして☑をはずして□だけにします。

 

14)設定はこれで終わりです。画面の一番下にある「◁」(左向きの三角形)をタップしてください。

 

設定はこれで終わりです! 画面の一番下にある「◁」(左向きの三角形)をタップしてください。
設定はこれで終わりです! 画面の一番下にある「◁」(左向きの三角形)をタップしてください。

 

 

 

実際の使用例

通信量を実際に把握してみましょう。

1日の通信量を見ることができます。赤い部分をタップして、別の条件でもしようできます。
1日の通信量を見ることができます。赤い部分をタップして、別の条件でもしようできます。

 

 

 

 

 

 

バックグラウンド通信をオフにする!

バックグラウンドというのは「背景」とか「裏方」という意味があります。

バックグラウンド通信というのは、利用者が今使っているアプリとは別のアプリによってデータ通信が行われることです。

たとえば画面をオフにして使ってない時にも、データ通信が行われていることがあり、困る場合があります。

そこで、通信量を無駄にしないように、このバックグラウンド通信をオフにしましょう!

 

バックグラウンド通信をオフにする手順

1)画面上から下へ向けてスワイプします。

※画面を指でふれたまま、移動して指をはなすことです。

一番上の横に細長い領域を下へ向かってスワイプします。
一番上の横に細長い領域を下へ向かってスワイプします。

 

2)さらにもう一度画面の上から下へスワイプします。

さらにもう一度画面の上から下へスワイプします。
さらにもう一度画面の上から下へスワイプします。

 

3)一番上にある「⚙」(歯車)をおします。

一番上にある「⚙」(歯車)をおします。
一番上にある「⚙」(歯車)をおします。

 

4)でてきた「データ使用量」をおします。

でてきた「データ使用量」をおします。
でてきた「データ使用量」をおします。

 

 

5)「バックグラウンドデータを制限する」をおします。

「バックグラウンドデータを制限する」をおします。
「バックグラウンドデータを制限する」をおします。

 

6)「OK」をおします。これで終わりです!

「OK」をおします。これで終わりです!
「OK」をおします。これで終わりです!

 

 

 

バックグラウンド通信をオフにした利点

寝ている間にいつのまにか大量のデータ通信が発生することを防ぐことができます。

実際、100MB単位での通信が自動的におこなわれることもあり、TONEモバイルを上手く使うにはぜったいに必要です。

 

 

 

バックグラウンド通信を使わない欠点

Google Playからのダウンロードが行えなくなります。

でも心配はふようです。これを解除するのはとても簡単だからです。

必要なときは解除して、それがすんだら再度ゆうこうにして、うまく使い分けましょう!

バックグラウンド通信を再開するには、上から下へスワイプして、▲マークをタップするだけです。
バックグラウンド通信を再開するには、上から下へスワイプして、▲マークをタップするだけです。

 

 

 

 

Twitterの画像や動画の自動表示・自動再生をオフにしよう!

SNSとしてTwitterを使っている方は多いことでしょう。

Twitterにはいろいろな機能が満載ですが、通信量を消費する様々な機能も同時に含まれています。

例えば、企業がTwitterのタイムライン(自分が見ている内容と思ってください)の中に、画像や動画を付けて広告を流す仕組みがあります。

この仕組みは私たちに有益な広告も出てきますが、不必要な広告も当然ながらあります。

Twitterは便利だしおもしろいけど、不意に動画広告などが自動再生されてしまい、通信量をあっぱくします。
Twitterは便利だしおもしろいけど、不意に動画広告などが自動再生されてしまい、通信量をあっぱくします。

 

 

また、最近は動画や画像付きのツイート(発言内容)が多くなっており、同様に有益なものもあれば、特にどうでもいいものも含まれています。

見たい動画や画像かどうかは、結局発信者しだいということも多く、また動画や画像のコメントしだいということがほとんどでしょう。

そこで、自動的に動画や画像が表示されないように、ダウンロードされて通信量を無駄にしないように設定しましょう!

 

 

 

Twitterの画像や動画の自動表示・自動再生をオフにする手順

1)Twitterの画面で、左から右へ画面をスワイプします。

Twitterの画面で、左から右へ画面をスワイプします。
Twitterの画面で、左から右へ画面をスワイプします。

 

2)「設定」をタップします。

「設定」をタップします。
「設定」をタップします。

 

3)「データ」をタップします。

「データ」をタップします。
「データ」をタップします。

 

4)「タイムライン画像プレビュー」をタップして☑を□にし(=チェックを消し)、「動画の自動再生」をタップします。

「タイムライン画像プレビュー」をタップして☑を□にし、「動画の自動再生」をタップします。
「タイムライン画像プレビュー」をタップして☑を❏にし(=チェックを消し)、「動画の自動再生」をタップします。

 

5)「Wi-Fi接続時のみ」をタップします。

「Wi-Fi接続時のみ」をタップします。
「Wi-Fi接続時のみ」をタップします。

 

 

実際に設定した結果

今回紹介した設定を行うと、不意に動画広告が流れてしまい通信量をあっぱくするようなことがなくなりました。

不意に動画広告が流れてしまい、通信量をあっぱくすることがなくなりました。
不意に動画広告が流れてしまい、通信量をあっぱくすることがなくなりました。

 

 

気になる画像や動画は、簡単に閲覧できるよ!

自分の興味のある内容なら、その画像や動画を見たいと思うはずです。

そんな場合でも、簡単にリンク(水色の文字)をタップするだけで表示させることができます。

見たいと思ったものを簡単にみられるので、うまく使っていきたいものですね!

見たい画像や動画はリンク(水色の文字)をタップするだけでOKです。
見たい画像や動画はリンク(水色の文字)をタップするだけでOKです。

 

 

YouTubeは画質を落としても十分楽しめる!

最後にTONEモバイルで一番通信量をつかうと思われるのがYouTubeです。

ただし、YouTubeの動画も簡単な設定で画質を抑えることで快適に閲覧できるようになります。

 

 

マイプランアプリの設定

まずマイプランアプリを用いて、YouTubeで高速通信チケットを使わないようにしましょう。

1)「マイプランアプリ」をタップします。

「マイプラン」アプリをタップします。
「マイプラン」アプリをタップします。

 

2)「プラン内容変更」をタップします。

「プラン内容変更」をタップします。
「プラン内容変更」をタップします。

 

3)YouTubeの隣にある「×」(ばってん記号)をタップします。

YouTubeの隣にある「×」(ばってん記号)をタップします。
YouTubeの隣にある「×」(ばってん記号)をタップします。

 

4)「削除する」をタップします。

「削除する」をタップします。
「削除する」をタップします。

 

5)「OK」をタップします。

「OK」をタップします。
「OK」をタップします。

 

6)これでYouTubeに高速通信チケットを使わないようにできました。

これでYouTubeに高速通信チケットを使わないようにできました。
これでYouTubeに高速通信チケットを使わないようにできました。

 

YouTubeの設定-自動再生をとめる

つづけてYouTubeの設定をおこないます。

YouTubeにも自動再生という機能があるため、これを停止させます。

 

 

1)YouTubeを開き、右上の「」(…が横倒しになったようなもの)をタップします。

YouTubeを開き右上の「…」(※実際は横倒し)をタップします。
YouTubeを開き右上の「…」(※実際は横倒し)をタップします。

 

2)「設定」をタップします。

「設定」をタップします。
「設定」をタップします。

 

3)「全般」をタップします。

「全般」をタップします。
「全般」をタップします。

 

4)「自動再生」の横の「●」(まるの記号)を数回タップして、●(まるの記号)が左側へで、且つグレーにします。

「自動再生」の横の「●」(まるの記号)を数回タップして、●(まるの記号)が左側へで、且つグレーにします。
「自動再生」の横の「●」(まるの記号)を数回タップして、●(まるの記号)が左側へで、且つグレーにします。

 

YouTubeの画質をさげる

TONEモバイルの画面は通常のスマホサイズです。

テレビのような大きさではありません。

このようなスマホサイズであれば、YouTubeの画質は必要以上に高くてもいみがありません。

ですので、画質を抑えることでより快適に、かつ少ない通信量で楽しめるように設定しましょう。

 

1)実際に動画を再生する

「自動再生」の横の「●」(まるの記号)を数回タップして、●(まるの記号)が左側へで、且つグレーにします。
「自動再生」の横の「●」(まるの記号)を数回タップして、●(まるの記号)が左側へで、且つグレーにします。

 

2)「画質」をタップします。

「画質」をタップします。
「画質」をタップします。

 

3)「144p」をタップします。これで全ての設定がおわりました。

「144p」をタップします。これで全ての設定がおわりました。
「144p」をタップします。これで全ての設定がおわりました。

 

 

あとはTONEモバイルを自由に楽しんでください!

 

 

最後に

今回はとても濃いレビュー内容となりました。

今回の内容を実践すれば、スマートフォンが初めての方でもYouTubeで動画を楽しんだり、TwitterなどのSNSを十分に楽しめると思います。

TONEモバイルの料金プランを詳細にひもといたことで、無駄のないデータ通信を実現することができます。

また、普段Androidのスマートフォンを使っている方にも役立つ情報だとおもいます。

この情報が、あなたのよいスマホライフの手助けにでもなれば幸いです!

またTONEモバイルに関して詳しく知りたいと思われた方は、ぜひ以下の画像をクリックして、公式サイトを訪問してくださいね!

↓  ↓  ↓

 

(PR)TONEモバイルの公式サイトはこちらから!

TONEのスマホは高機能のm15のみ。29800円は安いね。詳細なスペックは画像をクリックして公式サイトを確認してくださいね!
TONEモバイルのより詳細な情報を知りたい方はクリックしてくださいね!(公式サイトへ移動します)
この記事をシェアする

AMPバージョンはこちら。

※ Google Chromeか、Android スマートフォンでご参照ください。