おすすめ記事

【小説】START編―超巨大迷路からの脱出―Escape from the Grand Maze

シェアする

この記事の所要時間: 45

みなさんこんにちは。

これは、

Escape from the Grand Maze - 巨大迷路からの脱出
更新履歴 2017/04/19 START編公開。 2017/03/18 PROLOGUEの漫画版公開 2017/03/14 公開開始。PROLOGUE公開。 これは当サイトの管理者である「ガノー」が書いている、 オリジナルのウェブ小説(/漫画)です。ジャンルは異世界転送系の、ローファンタジーです。実験的に、ライトノベルを、「ウェブのリッチな表現を用いて書き、それを公開するものです。また随時、漫画画像(ネームレベル≒棒人間レベル)を作成し掲載してい...

の第二話目、「START編」です。

本作をはじめて読む方は、前話の

PROLOGUE ― Escape from the Grand Maze
これは「Escape from the Grand Maze - 巨大迷路からの脱出」のコンテンツ(小説)です。

をさきにお読みください。

それでは、以降より第二話目、「START編」を開始します。

スポンサーリンク

状況把握

数学教師の大山勇雄おおやま いさおと、高校2年生の田中晋たなか すすむ。二人は3方向を巨壁きょへきに囲まれた空間に捕らわれていた。

「先生‥‥。ここ‥‥、どこなんでしょうか」

田中の質問に、大山は辺りを見回しながら答える。

「分からん。日本‥‥なのかさえも」
「ええっ!?」

その空間がいったい何なのか、初めのうちは分からなかった。二人の視界には、壁しかないといっても過言では無い。天井てんじょうはなく、地面は砂利混じりの白土しろつち。想定されるのは‥‥。

「‥‥迷路?」 田中の呟きに、大山は安易に同意できなかった。

「‥‥しかし、この規模だぞ‥‥」

二人は改めて壁の端を見上げた。

「マンション一棟分はありそう‥‥って、今何時だっ!?」

田中は壁の端にうっすらと光りの線を見つけ、時間の存在を思いだした。左手の腕時計を見たところ、7時15分を指していた。

「先生、スマホ! 僕のスマホ返してください」
「あ、ああ。忘れていた。ほら」

田中は大山が鞄から取りだしたスマートフォンを、勢いよく取り返すと、それを操作し始めた。

「バッテリーはまだ半分以上残ってる‥‥」
「‥‥お前、やっぱりスマホ依存症なんだな」
「そんなことないで‥‥す」
「どうした?」
「‥‥圏外」
「圏外!?」

大山も自身の携帯を取りだして確認した。

「‥‥どうなってるんだ」
「‥‥でも、この高さの壁だったらたぶん」
「‥‥そう‥‥だな‥‥」

携帯電話でつかわれている「電波」は、四方を高くて厚い壁に囲まれていると、うまく送受信ができず圏外になる。

田中は位置情報を得るためにGPSも確認したが、同様に電波を取得できず、現在地を特定できなかった。

待機

それ以降、二人は目を覚ました最初の位置から動かなかった。

いや、そもそも移動する予定はないらしい。

なにより、急激な状況変化に遭遇した際は、やみくもに動いてはならない。確かな情報なしに行動することは、助かる可能性を捨てるに等しいからだ。これは、山や海で遭難した時も、ましてや今の状況でも同じである。

このまま二人は同じ場所に居続けるつもりだろう。

すでに、目を覚ましてから30分近く時間が経過した。

その間にも、太陽はじりじりとその高度をあげている。巨壁の影も、徐々に徐々にその長さを減らしていく。

静寂の崩壊

一切の音がない空間。

いや、二人のうちどちらかが体制を変えれば服がすれる音は聞こえるし、田中の腕時計は60BPMのリズムをつねに奏でていた。

そのふだんは気にならない、遅いリズムが耳障りになった。

こらえきれず、田中は持っているカバンに腕時計を仕舞おうとジッパーを開けた。

その瞬間だった。

――♪♬♫🎶🎵♩:::♪♬♫🎶🎵♩…

なんだ!?

と、二人声をそろえて驚いた。

――♪♬♫🎶🎵♩:::♪♬♫🎶🎵♩…

何度も、同じメロディーが繰り返される。

この音の発生源はっせいげんは、田中の左足のポケットにいれられた、スマートフォンだった。

――♪♬♫🎶🎵♩:::♪♬♫🎶🎵♩…

田中は急いで取りだして、着信主ちゃくしんぬしを確認した。

そこには、見知らぬ番号が表示されていた。

――♪♬♫🎶🎵♩:::♪♬♫🎶🎵♩…

いや、そもそもこんな長い電話番号はみたことがなかった。

そもそもの話――、

――♪♬♫🎶🎵♩:::♪♬♫🎶🎵♩…

「先生‥‥、これビデオ通話です」

「ビデオ通話!? 誰から!?」

――♪♬♫🎶🎵♩:::♪♬♫🎶🎵♩…

「それに‥‥みたこともない番号です。というかどかも」

「なんで!? そもそも圏外じゃないのか!?」

――♪♬♫🎶🎵♩:::♪♬♫🎶🎵♩…

大山は自身の――二つ折りにされた――携帯電話を取りだして、それを開いて確認した。

「やっぱり圏外、だよな‥‥」

――♪♬♫🎶🎵♩:::♪♬♫🎶🎵♩…

田中はうなずいた。

「先生、これ。出た方がいいんでしょうか‥‥」

――♪♬♫🎶🎵♩:::♪♬♫🎶🎵♩…

「‥‥いや、しかし。不吉な予感しかしないんだが‥‥」

「‥‥でも、最初から不吉ですよね‥‥」

――♪♬♫🎶🎵♩:::♪♬♫🎶🎵♩…

二人はおし黙った。

何度も何度も、同じメロディーが繰り返される。そのたびに、胸がつっかえていく。

――♪♬♫🎶🎵♩:::♪♬♫🎶🎵♩…

まるで上皿天秤の片側だけに、自分の心の一片を分銅にして乗せていくような感覚だった。

田中はスマートフォンのボリュームを、いや、電源そのものを切ろうと手を伸ばした。

――♪♬♫ピッ

不意に、不快音が止み、着信状態になった。

「えっ!?」と、田中は声を上げた。
「どうした!?」と、大山も声を上げた。

スマートフォンは、なぜか自動的に着信状態となった。
その二人の声に、スマートフォン越しの誰かが答えた。

ルール

「はいはいどうもどうも、みなさん、おはようございます」
「なんだ!?」

スマートフォンのテレビ電話には、黄色い目玉のお化けのような顔が映っていた。

「なんだなんだ、どうしたどうした、じゃないよみなさん。あ、ちょっと聞いてますかーー?」
「‥‥」

その目玉のお化けは、延々と一方的にしゃべり続ける。

「無視ですかーー、お怒りですかーー? おーいおーい。」
「‥‥」
「むしろ、とんで火にいる夏の虫な状況は、みなさんなんですよー。ぷくくく、僕ちんうまーい。」
「‥‥」
「まあまあ、まあまあ。あ、お母さんのことじゃないよー。ぷっくっくー。」
「‥‥」
「それになんなのーー!? いまだにガラケーの奴! 侵入できないし、まじダッサーイ!! あ、お酒の銘柄じゃないですよー。」
「‥‥」

「さーて、ここからが本題。みなさんは今、拉致被害者です。」
「拉致!?」

大山と田中は顔を見合わせた。

確かに、この状況は拉致だ。

「はいはい、はいはい。あ、赤ちゃんがやるやつじゃ、ないですよー。」
「‥‥」
「あ、もしかして『ウザいなこいつ』とか思ってない?」

「ああ」とつい漏らした大山を、田中はとっさにたしなめた。

「先生しっ!」と言われて、はっとした大山は口を手でふさいだ。しかしどうやら、おしゃべりな電話口の流ちょうな合成音声は、意に介していないようだ。

こりずに――いつになったら本題を言うんだと突っ込みたくなるほど――むだ話を続けている。

そしてようやく。

「‥‥というわけで、おほん。端的に言うなら、僕ちんはみなさんの命、握ってます。」
「命!?」
「はいはい。動揺しない、動揺しない。あ、歌うほうじゃないですよー。」
「‥‥」
「それにわかると思うけど、一晩の一瞬でみなさんを拉致できる僕ちん。命をとることも簡単なんです。」
「‥‥」
「そして、これはゲームです。」
「ゲーム!?」
「みなさんが今いるを攻略してください。」
「やっぱり迷路か‥‥」
「期限は明日の日没いっぱい。必ずでゴールしてください、命を賭して。」

そこまで言うと、スマートフォンは一方的に切れた。

「おい、ちょっと待て!」

大山は何度も呼びかけたが、応答はなかった。

「ちくしょう、なにがゲームだ。なにが命を賭してだ。」

大山はぶつぶつと文句を言っている。

それをよそに、田中は、冷静さを取り戻そうと努めた。

大山は田中の方から聞こえた――ピシャンという――音に、我に返り、その方向をみた。

その音は、田中が自身の両の頬をはたいた音だった。

そして「ふぅっ」と、大きく長いため息をすると、田中は大山に声をかけた。

「先生。ゴールを目指しましょう。」
「しかし‥‥」
「大丈夫ですよ、先生。が言うように、これがゲームだったら、必ずクリアできるはずです。なにより‥‥」
「なにより?」
「こんなオープニングのなんかに、僕は負けませんよ」

‥‥To be contenued.

https://ganohr.net/blog/prologue-escape-from-the-grand-maze/

Escape from the Grand Maze - 巨大迷路からの脱出
更新履歴 2017/04/19 START編公開。 2017/03/18 PROLOGUEの漫画版公開 2017/03/14 公開開始。PROLOGUE公開。 これは当サイトの管理者である「ガノー」が書いている、 オリジナルのウェブ小説(/漫画)です。ジャンルは異世界転送系の、ローファンタジーです。実験的に、ライトノベルを、「ウェブのリッチな表現を用いて書き、それを公開するものです。また随時、漫画画像(ネームレベル≒棒人間レベル)を作成し掲載してい...
R言語で迷路生成!棒倒し法のコードを初心者向けに解説!
更新履歴 2017/04/03 コード解説追加(途中まで) 2017/03/17 タイトル変更。コード解説(途中まで)作成中。 2017/03/15 初版公開 みなさんこんにちは。今日、R言語(Wikipedia)を使ってみようと思い立ちました。サンプルとして、迷路を作ってみましたのでコードを公開します。
究極のながら運動ができる!健康ステッパーナイスデイの感想!
皆さんこんにちは!今回ありがたいことに、ショップジャパンさんのキャンペーンに当選し、「健康ステッパーナイスデイ」を提供していただきました!あの大女優の草笛光子さんが愛用していることも有名ですよね。そこで今回は、実際に試したリアルな感想をお届けします!先にばらしますが…、ポメラニアンは必読です(笑)。 ↓  ↓  ↓ (PR)健康ステッパーナイスデイの詳細はこちら!14,700円→9,990円に改定されました。39日間の返品保証つきです!更新...
薬用石鹸プラスデオ(+deO)で加齢臭対策!殺菌効果が凄い!!
あなたは8割を超える女性が、異性のニオイを気にしている事実を、ご存知ですか?そして女性が男性に対して一番気にするのが「体臭」であるという事実をご存知でしょうか。あなたは、ご自身やもしくは旦那さんやご家族などの、体臭・加齢臭が気になっていませんか?そして、実際に40歳の前後から、急激に増えてくるニオイ成分が存在していることを、知っていますか?その加齢臭のもととなる成分がノネナールです。ノネナールは加齢によって、主に男性から多く分泌されます。今回は、そのノネナー...
DM200
このページは「ぺるせぽ。()」の、ポメラ最新機種であるDM200を扱うコンテンツ・トップページです。DM200に関する情報を追っている方々に、できるだけ正確に多くの情報を発信できるよう心がけます。もし気に入っていただければ、はてぶ登録や、お気に入り登録をして頂ければ幸いです。直近の更新履歴(5件)おすすめ記事DM200 - コンテンツトップ ...
【四コマ漫画】北朝鮮のミサイルよりも!?奄美から飛び立つ飛翔体が怖い!【奄美日記】
更新履歴 2017/04/16 第二話目が公開されました! 2017/04/13 初版公開 私は鹿児島県は奄美に住んでいます。そこで、奄美での生活を簡単な四コマ漫画とともに紹介していく、『四コマ漫画・奄美日記』を、不定期連載していきます。ということで、第一弾です!!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect. >