おすすめ記事

竹内諒さんの人物像

シェアする

この記事の所要時間: 328

竹内諒さんの趣味嗜好は? ひととなりは?

竹内諒さんは、どのような趣味をもっていたのでしょうか。

彼は多趣味な人物だったようです。その趣味嗜好は、2013年、2014年、2015年、2016年と時を経るごとに、徐々に変遷していったことがうかがい知れます。ここでは、彼の趣味嗜好、ひととなりについてご紹介していきます。

更新履歴
2017/10/06 アウトライン構造を修正
2016/09/17 公開

スポンサーリンク

2016年

2016年の竹内諒さんの趣味は「音ゲー」(音楽ゲーム)と言っても間違いないでしょう彼の2016年6月前後から、2016年8月末日までのTwitter上の発言を調査したところ、74.2%にも及んで「音ゲー」に関連する発言が占めていました。

Twitterには、自身の発言に、任意のハッシュタグをつけることができます。このハッシュタグと言うのは、Twitterの発言の中に「#~」(~は日本語の連続か英語の連続など)で始まる言葉をつけると、その言葉がついた自分や第三者の発言を簡単に探し出せるようになる機能です。

竹内諒さんの直近600件中445~446件程度に、「毎日音ゲー」と、「音ゲー部屋」と、「音ゲーの実力を晒すとRTされてフォローがくるらしい」、「こんな部屋でも引かないよって人RT」といったハッシュタグが付けられていました。

スポンサーリンク

多くのメディアで音ゲーの他に、音楽も趣味とされていますが、これは誤解だと言えそうです。いえ、正確に言うと、「音ゲーの音楽を聞いていた」ということです。

この音ゲーの音楽は、音楽ゲームで使われている音楽です。オリジナルの楽曲もあれば、既存のポップス曲やクラシック曲などまでを、(多くが種々の音を足して)やや派手にアレンジしたものです。テクノポップと呼ばれるジャンルが多いでしょう。

2016年頃の竹内諒さんは、毎日音楽ゲーム、音楽ゲームの曲を楽しんでいたと言ってよいでしょう。

2013年の末~2014年~2015年の末まで

竹内諒さんは、2013年12月14よりTwitterを開始しています。その頃から既に音楽ゲームが好きだったようです。その2014年1月31日に専用コントローラーの写真を投稿していました。また、別日には新しい音楽ゲームの事前公開テストなどにも積極的に参加されていることを投稿していました。

とは言え、当時は趣味のうちの一つで、一眼レフカメラを使った写真撮影、旅行、料理なども趣味として楽しんでいたことが分かりました。料理の腕前はとても高く、友達に何度も手料理を振舞っていたようです。竹内諒さん自身は少食気味のようで、作った料理を余らせないよう「処理要員」(料理を振る舞い食べて貰う人)が欲しいと発言していました。

竹内諒さんは、車の免許も保有しており、ドライビングなども楽しんでいました。不運の重なりで車の再教習を受けていたと発言しており、その時の担当教官と

  • 教官:君、エコな運転でとても上手いのに、なんでここ(教習所)に居るの?
  • 竹内諒さん:不運が連なって…。
  • 教官:ああ、そういうことあるよね

といったやり取りをしていたようです。

また、一人旅で京都へ行ったり、友達と連れ添ってキャンプに行ったりしていました。とても快活で、色々な趣味を謳歌していた人物像が浮かび上がってきます。

されど、節々で自身に不幸が連続し、その不幸へ抗うために徐々に音楽ゲームなどにウェイトを増やしていったことが語られていました。若者なら、自身の不幸の連続を嘆いたり、その脱却の手段を趣味に求めることはとても普通の反応だと思います。

スポンサーリンク

そうした中でも、年末年始には1年の目標を反省したり、翌年の目標を立てたりしていました。とても前向きなようで、「日々の暮らしを精一杯楽しんで生きることを目標にしている」ことも語っていました。更に、彼は、まめな性格であったことも分かりました。

Twitterとその他の調査により、竹内諒さんが騒音問題にも正しく配慮を行える人物であったことを示すような発言も発見できています。彼の過去の発言を全て検証していくなかで、私は彼のひととなりの良さを感じました。

続けて、竹内諒さんの趣味である「コンピュータ・スマホ・タブレット事情」と、「音ゲーとの関わりについて」解説します。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect. >