おすすめ記事

ペルセポーネプロジェクトのロードマップ

シェアする

ペルセポーネプロジェクトのロードマップ
この記事の所要時間: 125

ペルセポーネプロジェクトのロードマップは、ペルセポーネプロジェクトの開発における、「短期目標・中期目標・長期目標」についての指針を示すものです。

概要

ペルセポーネプロジェクトの目指すものは大層複雑なものだと感じるでしょう。実際に漫画のネームを書いてみたものならもしかしたら分かるかもしれませんが、人間でさえ漫画のコマ割りを作るだけでも難しいうえ、それにセリフや絵を足していくだけでも時間がかかります。人によっては簡単にできたり、反対に全くできなかったりします。

しかし、漫画のネーム作成作業の補助をしてくれるツールがあれば、その敷居は低くなるのではないでしょうか?

そうした考えによってペルセポーネプロジェクトは開発がスタートされました。

しかし、それは同時に長い道のりであることは明白です。言うなれば漫画のネームを作る人工知能を作るようなものだからです。そんな夢の様なものを一瞬にして作り出せるよう夢物語はこの世には存在しません。漫画の世界の中であっても、こんな夢物語は通用しないでしょう。

そこで、ペルセポーネプロジェクトでは開発の目標を段階分けして、実現可能性を高めることを目指しています。

長期目標

スポンサーリンク

人間の指示に従った漫画のネームを作り出す人工知能の開発

人間は漫画用の原稿を自由な文章ファイルとして用意します。それを元にペルセポーネが漫画のネームを瞬時に適切に作り出します。人間はそのネームを読んで面白いか面白く無いかを主観的に判断し、面白くない箇所を自分なりに変更します。または、シナリオをガラッと変えてペルセポーネに再度ネームを作らせます。このように、人間はシナリオを作り、出来上がったネームが面白いか面白くないかを判断することに集中できます。

中期目標

[[漫画らしい読み心地]]のあるネームの素を生成

[[漫画らしい読み心地]]のあるネームの素を生成できように、以下の作業を行います。

台本とネームの相互運用

  • 詳細未定。ペルセポーネ側の機能として想定しています。

各種描画ソフトとの連携

  • 「ai/psd/PDF/EPub/SVG」への出力機構を実装します。

ドライアードの機能充実

  • 感情曲線の描画機能を実装します。
  • 文章ファイル/シナリオファイルの特徴を分析できるようにします。
  • 小説解析機能を作成します。

作ったネームをネーム賞で受賞させる

  • 詳細未定

短期目標

漫画のコマ割りを提案する

漫画のネームのコマ割りを提案してくれる機能を開発します。

漫画のネーム用の台本を文章で定義できる

[[まんがスケッチ]]との連携

  • ペルセポーネプロジェクトは、初期ターゲットとして、フリーソフトウェアの[[まんがスケッチ]]との相互運用を目指す。
    • ペルセポーネでシナリオテキストを処理させると、アフロディーテで定義されたネームファイル(コマ割りとセリフ流し込み程度)を生成する
    • ペルセポーネは、アフロディーテで定義されたネームファイルを元に、まんがスケッチで直接編集できる[[まんすけファイル]]を出力する。
      *ペルセポーネは、まんすけファイルを元に、ネームファイルを再生成できる。

直近の目標

各種ツール類の仕様策定を進めていく。

内部リンク

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect. >