持ち運んで執筆する時のフル装備。

ポメラDM200持ち運びスタイルを紹介! 出先執筆はカバン出番無し

この記事をシェアする
更新履歴
2017/02/17 アウトライン構造変更。関連記事更新。
2016/11/26 初版公開。

皆さんはポメラキングジム社のテキスト編集専用機)を自宅で使っていますか? それとも持ち運んで使っていますか?

私は行きつけの喫茶店やドトール・マックや図書館の自習スペースなどに持ち運んで使用することもあります。

今回は私の普段の持ち運びスタイルを紹介します。

フル装備執筆セット

 

持ち運んで執筆する時のフル装備。
執筆する時のフル装備。ポメラとツールボックス。

 

私はポメラDM100のケースにポメラDM200を入れて持ち運んでいます。

奥に見えるバッグは執筆・記事作成用のフル装備用のツールボックス。

両方とも結構小型なのですが、両方を合わせると2.15kgもあります(笑)

 

ポメラDM200

普段はポメラDM200のケースだけ持ち運べば良いようにしています。

ポメラDM100のケースにDM200を入れて持ち運んでいます。ウレタンケースは持ち運びに便利です。
ポメラDM100のケースにDM200を入れて持ち運んでいます。ウレタンケースは持ち運びに便利です。

 

DM100を長年使ってきた方は、ぜひDM200を入れてみてください。かなりしっくり来るのではないでしょうか。

でも、DM100の変な出っ張りが気になりますが(笑)

 

中身はこんな感じです。

ポメラDM100のケースならDM200も、モバイルバッテリーも充電・同期用のケーブルも持ち運べます。
ポメラDM100のケースならDM200も、モバイルバッテリーも充電・同期用のケーブルも持ち運べます。

 

結構余裕のあるケースなので、モバイルバッテリーと同期・充電用のケーブルを一緒に持ち運んでいます。

ケーブルはもともとの付属品ではなく、出っ張りのない別のやつにかえています。

このセットだけで連続動作時間20時間を保証してくれるので大満足しています。

パソコンは近くにないのですが、同期もテザリングしてポメラSyncしたり、一方通行でもQR転送すれば済むので気楽でいいですね。

でも、ポメラSyncは毎度毎度、遅っ!! って突っ込んでますが(笑)

ちなみに、重量は0.85kgあります。これ、重いですか?

一応、小脇に抱えてこれだけを持ち運べばいいですので、私は重いと感じたことはありません。

 

 

 

 

ツールボックスがやばい

勘の鋭い方ならお分かりいただけると思いますが、

なんとこのツールボックスだけで、1.25kgもあります

外で凝った執筆をしたい時のフルセット用ツールボックス。
外で凝った執筆をしたい時のフルセット用ツールボックス。1.25kgもある!

 

ボイスレコーダー、ボールペン、ハサミ、カッター、ノリなどなど。
ボイスレコーダー、ボールペン、ハサミ、カッター、ノリなどなど。

更にこっちにはKindleと電子辞書、A6メモ帳が入っています。
さらに裏面にはKindleと電子辞書、A6メモ帳が入っています。また、今撮影に使っているデジカメも入ります(笑)

 

 

例えばカッターはストレートなものなので定規に使えますし、A6メモ帳をUI設計(ソフトウェアの画面デザイン)を思いついた時にやることができます。

 

例えば今ポメラDM200で書いたテキストをアップロードしてKindleへテキストで送って推敲したりできます。これが意外と捗るんですよ!

 

あと、レシートはメッシュポケットにためていって、後から集計しています。

 

ボールペンは黒を色の濃さと太さで3本、赤ペンはフリクションで推敲用やメモ用途です。

 

ボイスレコーダーやデジカメがあるので、スマホよりもちゃんと写真や音声を録音したい時に使えます。

 

とは言え、

・・・色々持ちすぎじゃね??

 

そんな声が聞こてきそうです。でもまあ、ブログを書き出すとこれくらい持ち運んでしまうんじゃないでしょうか、多分(汗)

 

 

最後に

今回はあくまでも私の持ち運びスタイルを一例として紹介しました。

皆さんはどういった持ち運びをしていますか?

もしも、まだいいスタイルが見つかっていない方は、私が実際持っている商品を以下に掲示しますので、参考になれば幸いです。

NIS8452soucyounoradio_TP_V_edit
更新履歴 2017/01/25 誤字修正。価格他を追記。 2017/01/23 初版公開。 皆さんこんにちは! 今回ありがたいことに、ショップジャパンさんのキャンペーン
deo_06_suntory_pamphlet
更新履歴: 2017/02/20 関連記事を更新 2017/01/23 タイトル変更。本文修正。 2017/01/17 文章構造を変更 2017/01/09 初版公開 あ
当サイトへお越しくださる方は、ポメラDM200(キングジム社)を既に購入されているか、購入を考えているものの迷っている方だと思います。 実売4万円前後もするテキスト専用機
待ちに待ったDM200。 http://www.kingjim.co.jp/ より引用。
更新履歴 2017/02/09 アウトラインを変更。関連記事を更新。 2016/10/31 コメント多謝。指摘事項を反映。 2016/10/26 初版公開。 今回は人気シリ
ポメラDM200
更新履歴 2017/01/28 関連記事を更新。誤表記を修正。 2016/11/29 バッテリー検証結果を修正。4,000mAhでほぼ確定。 2016/11/17 バッテリー
ポメラDM200
当サイトの管理人は、ポメラDM200(キングジム社製品)を愛用する自称ポメラニアンです。 当サイトはポメラDM200の性能を調査しその結果を公表してきましたが、今後のさらなる
ポメラDM200。前機種から様々な機能拡張が成されている。
2017/01/06 更新:バッテリー容量の公式回答を付記。 2016/11/29 更新:液晶の輝度の計測結果を付記。 2016/11/22 更新:バッテリー容量の検証結果を付
カンデラの語源はキャンドル(ロウソク)
更新履歴 2017/02/21 ver1.2の計測結果を付記。文章構造及びアウトライン変更。 2017/02/20 ポメラDM200のアップデート内容を追記 2016/12/
vintage-1148940_960_720
更新履歴 2017/01/26 関連記事一覧を更新。 2017/01/17 一部の表現を改善。 2017/01/16 本内容を取り入れた、自作推敲ツールを追加。 2017/
workstation-336369_960_720
更新履歴 2017/01/23 本文を微修正。 2017/01/22 初版公開。 当サイトが開発している【推敲支援ツール - Bee】。 分かりやすく読みやすい
百聞は一見にしかず。T-Chartの実践例を紹介します。
更新履歴 2017/02/09 誤記を修正。 2017/01/21 誤記・誤植を修正。 2017/01/20 補足を追記。 2017/01/19 初版公開。 みな
この記事をシェアする

AMPバージョンはこちら。

※ Google Chromeか、Android スマートフォンでご参照ください。

DM200の最新記事!

全体の最新記事!

  • 【メディバン】アルペン有料版・無料版を公開!【JUMPペイント】
  • 【SEO】タイトルの長さは38字に抑えろ!?3つの定石を解説!
  • 漫画フキダシに自由自在なシッポを追加する!アルペンのテスト始また
  • 【四コマ漫画】奄美と沖縄の違い!さしみ醬油編【奄美日記10】
  • 【メディペ・mdiapp+】漫画フキダシ用の銀ペン、Ver0.0.6の詳細
  • 【メディペ・mdiapp+】漫画フキダシ用の銀ペンが怒涛のアップデート!
  • SEO:編集中のテキストからキーワードを自動選定する方法!
  • 20分あれば10分眠れる!?効率的に作業をするための快眠法!
  • 【メディペ】漫画ペン入れに最適!?トキペンを公開!【コミラボ】
  • 【小説】プロットとはなにか。何をつくればよいのか
  • デジタルお習字に最適!?mdiapp+で3つのブラシを試す!
  • 【銀ペン】Ver0.0.3は銀座ペンを追加。オマケあり
  • 【ワードプレス】AMPプラグインでエラー発生!した時の対処法【WpX】
  • ワコム製ペンタブの挙動がおかしくなった時の対処法!
  • 【サイト情報】コメント欄メルアド不要へ。過去コメントからもメルアドを除去
  • ブログランキング退会・HTTPSへ完全移行しました【サイト情報】
  • 読書をすべき3つの理由。人工知能に負けないための再認識。
  • レンジ不要のカレーメシがうまい!簡単アレンジも!
  • 不意のフリーズも怖くない!?秀丸のオートセーブを有効化する方法
  • 【DM200】ポメラでブログ!?階層付きテキストを秀丸でHTML化する方法
  • 投稿者:

    Ganohr

    https://twitter.com/garnot1 https://twitter.com/ganohr 私は小学4年からプログラミングを初め、ITエンジニアとしても10年の実績のある個人SEです。ハンドルは「ガノー」で、通常の綴は「Garnot」です。「Ganohr」はガノーという音と、「Gan=ガン(目)、Ohr=オール(耳、ドイツ語)=目と耳」という意味を込めたものです。 目と耳に届く情報を大切にしたい! 目と耳で楽しめるゲームやコンテンツを作りたい、発信したい! そういう思いで当サイトを運営しています。

    コメントを残す

    気楽にコメントをお願いします!

    SPAM対策が施されています。投稿に失敗すると1時間ロックされます。