おすすめ記事

通称音ゲー部屋の騒音が原因、本当か? 音ゲー部屋を徹底検証

シェアする

マイクの画像。
この記事の所要時間: 1319

竹内愛美容疑者が竹内諒さんを殺害した動機として、彼の「音ゲーの音が煩かった」と漏らしたとされることは有名です。そして、竹内愛美容疑者の部屋が彼の”音ゲー部屋の真横にあること”を各種メディアが中心的に取り上げたため、「彼が音ゲーマーだったから殺された」などの中傷とも聞こえる非難がインターネット上を駆け巡りました。

しかし、本当に竹内愛美容疑者は音ゲー部屋の騒音が原因で彼を殺害したのでしょうか。

各種テレビ報道・インターネット上のメディアでは、「凡そ9か月前から竹内愛美容疑者との関係が冷え切っていった」としています。これが本当であるとすると、2015年12月~2016年1月頃に原因があるということでしょうか。

ただし、この時期に関しては疑問があります。

当サイトでは、竹内愛美容疑者と竹内諒さんの関係性が分かる全発言を検証し、その他の家族について検証した結果を掲載しています。今回の記事を読み解くために必要ですので、以下の二つをまず参照していただけることをお勧めします。

前二つの内容を踏まえ、今回、彼の「音ゲー部屋」を徹底的に検証して紹介していきます。この結果と先述の内容を比べると、この疑問の意味が分かると思われます。

それでは、以下の内容を閲覧してください。

(この記事は5分~15分程度で読めます)

更新履歴
2017/10/06 アウトライン構造を変更。本文修正
2016/09/15 公開

スポンサーリンク

竹内諒さんが音ゲーへ傾倒していった理由

https://pbs.twimg.com/media/CqXpnYJVUAAhtj-.jpg より引用。
https://pbs.twimg.com/media/CqXpnYJVUAAhtj-.jpg より引用。

https://pbs.twimg.com/media/CqXpnYJVUAAhtj-.jpg
より引用。

まず、竹内諒さんがなぜ音ゲーへ傾倒していったかを解説します。

竹内諒さんと竹内愛美容疑者は、父親と3名で暮らす母子家庭でした。それが2014年2月21日~2月25日の間に父が死亡しました。そして、2014年3月末に竹内諒さんは通っていた専門学校を中退しました。4月には付き合っていた彼女と別れたり、6月にはスマートフォンのデータを焼失したり、様々な不幸が立て続けに起こりました。そうした不幸の連続からか、彼はゲームセンターで音ゲーを行う比重が増えていきました。彼自身も、その状態を現実逃避であると発言していました。

スポンサーリンク

しかし、彼は「一日一日を幸せに生きたい」と決意しました。最初は音ゲーを中心としていたわけではありません。日々を幸せに生きていくための趣味であった「旅行・写真・料理・音ゲー」といったものの一つでした。

ただそのような彼の心境は、竹内愛美容疑者には伝わっていなかったようです。2015年1月23日、彼が音ゲーの比重を増やしていったことに対して、竹内愛美容疑者と衝突しました。当時はまだ音ゲー部屋は作られていませんでした。

https://twitter.com/darkjubeat/status/558945315928039424
別に音ゲーをやらなきゃ死ぬわけでもあるまいし、そんな粘着してまで自分を追い込んで、それって楽しいの?
つらくないの?
それでもやめちゃいけない理由でもあるの?

ねえどうして音ゲーなんてやっているの?
名無しさん@音ゲー部屋 ‏@darkjubeat  · 2015年1月23日

次に、音ゲー部屋が作られた実際の日付を検証します。竹内愛美容疑者と殺害された弟の対立関係は、それに起因するのでしょうか。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect. >