おすすめ記事

直前の車を追随する自動運転技術の利点欠点

シェアする

車。
この記事の所要時間: 348

みなさんは、現在の世の中で

人工知能の研究が盛んであることをご存知でしょうか。

その一環として、自動運転技術の研究も賑わっています。

そして現在研究がなされ、一部で実用化されている

  • 直前の車を追随するようにハンドルを操作する

技術があります。

今回はその技術の、「利点と欠点」を紹介します!

※この記事は1~2分で読めます。

究極のながら運動ができる!健康ステッパーナイスデイの感想!
皆さんこんにちは!今回ありがたいことに、ショップジャパンさんのキャンペーンに当選し、「健康ステッパーナイスデイ」を提供していただきました!あの大女優の草笛光子さんが愛用していることも有名ですよね。そこで今回は、実際に試したリアルな感想をお届けします!先にばらしますが…、ポメラニアンは必読です(笑)。 ↓  ↓  ↓ (PR)健康ステッパーナイスデイの詳細はこちら!14,700円→9,990円に改定されました。39日間の返品保証つきです!更新...

https://ganohr.net/blog/i-tried-plus-deo-its-a-soap/

スポンサーリンク

直前の車を追随する技術

自動運転技術は近年、脚光を浴びている。
自動運転技術は近年、脚光を浴びている。

自動運転技術は近年、脚光を浴びている。その中でも、直前の車の運行を追う技術が実用化された。

自動運転技術として、直前の車を追随する機能が実現されています。

これは、前を走行している車両を追うように、車を運転する技術です。

たとえば、高速道路での使用が想定されています。

一般道でも、渋滞時での使用などが想定されています。

さて。そもそもなぜ、

自動運転技術で直前の車を追う(追随する)の?

でしょうか。

なぜ直前の車を追随するのか

直前の車を認識するために、カメラで撮影し、その画像を解析する。
直前の車を認識するために、カメラで撮影し、その画像を解析する。

我々は運転中、直前の車を無意識的にまねて運転する。

まず理解したいことがあります。

それは直前の車を追随することが、日常的におこなわれる行為である

という認識です。

むしろ、直前の車の行動を真似することは、安全かつスムーズな運転をおこなう上でひつようです。

たとえば、

前の車が停車した場合。こちらもそれに合わせて減速し、停車しなければ、どうでしょうか。もちろん、追突してしまいますよね。

たとえば、

渋滞の中で、前の車が発車した場合。それを追わずに、こちらがずっと停車していた場合、どうでしょうか。周囲に迷惑をかけますよね。

これらは当たり前のことですが、重要な事実です。

このように、

「直前の車の行動をまねる(≒追随する)作業を、人間に代わっておこなう」

というのが、この技術の中核というわけです。

ちなみに自動運転に限らず、

直前の車を追随して運転すると、ある程度まとまった台数の車が集団として形成されます。

このような集団を、コロニーと呼びます。

直前の車を追随する技術の利点

直前の車を追随する自動運転技術が開発されたのは、カメラの発展のおかげである。
直前の車を追随する自動運転技術が開発されたのは、カメラの発展のおかげである。

直前の車を追随する自動運転技術が開発されたのは、カメラの発展のおかげである。

この技術の利点は、「容易に、かつ低コストで実現できること」です。

その理由は、「直前の車を認識するだけですむ」からです。

直前の車を認識するには、現在ではすでに成熟している

  • 画像認識技術(画像から車を認識する技術)
  • センシング技術(距離を計測する技術)

をもちいれば済むからです。

このように成熟した技術を用いることにより、

比較的に安価な価格で新しい技術を開発できます。

直前の車を追随する技術の欠点

車には事故がつきもの。しかし、高速道路などでの事故は大事故につながる。
車には事故がつきもの。しかし、高速道路などでの事故は大事故につながる。

車には事故がつきもの。しかし、高速道路などでの事故は大事故につながる。

それでは逆に、欠点はなんでしょうか。

欠点1:重大事故の原因になりかねない

この技術における一番の欠点は、

大事故の原因になりかねない

ということです。

高速道路などでは、何台もの車が絡むような「重大な玉突き事故」がおこりえます。このときの主な原因が、コロニーが形成されたことに起因します。

コロニーというものは、数台程度のものもあれば、何十代にも及ぶものがあります。言い換えれば、コロニーの先頭車両が、そのコロニー全体を先導しているのです。

このとき、コロニーの先頭車両が「安全で適切な運転」をしているならば、とくに問題はありません。

しかし、コロニーの先頭車両が不適切な運転をしたり、誤った運転をした場合どうでしょうか。それに続く2代目以降の車が、うまく回避できることも、回避できないことも、あるでしょう。

ようするに、この自動運転技術の欠点は、

コロニーを形成することが前提であること

です。

これにより、重大事故がおこる可能性を助長するのです

欠点2:コロニー化することの利点があまりない

この自動運転技術が役に立つのは、渋滞と、一部の限られた範囲のみ。
この自動運転技術が役に立つのは、渋滞と、一部の限られた範囲のみ。

この自動運転技術が役に立つのは、渋滞と、一部の限られた範囲のみ。

また、コロニーを形成することが前提であるため、

自身がコロニーの先頭車両になると、自動運転の恩恵を受けられません。

そもそもコロニー化した場合、先頭車両にくらべて、そのほかの車両では負担自体が少ないこともあります。

わざわざ自動運転技術をつかっても、得られる恩恵が少ないというわけです。

欠点3:周囲の環境に影響されやすい

画像認識を用いると、逆光や照り返しなどで、著しく認識精度が低下してしまう。周囲の影響で簡単に誤動作する恐れがある。
画像認識を用いると、逆光や照り返しなどで、著しく認識精度が低下してしまう。周囲の影響で簡単に誤動作する恐れがある。

画像認識を用いると、逆光や照り返しなどで、著しく認識精度が低下してしまう。周囲の影響で簡単に誤動作する恐れがある。

そして、この自動運転技術は

簡単に周囲の環境に影響されてしまい、直前の車両を見失ってしまう

という欠点があります。

たとえば、この自動運転技術は、多くが「画像認識」を用いています。

これはカメラで前方を撮影し、その画像を解析(≒画像認識)することで車両を見つけだすという技術です。

このとき、

カメラに強い光が入ると、極端に画像認識の精度が低下します。

これは画像認識を用いたすべての技術に共通します。

たとえば逆光のなかで人物の写真を撮ると、人の表情がツブレたりしますよね。

運が悪いと、逆光でもないのに、前方車両の照り返しがカメラに直接入ることもありえます。

このような、「周囲の光の入り方」によって

  • 自動運転技術が正しく動作しなかったり
  • 誤った動作をおこなったり

さまざまな危険性があるのです。

さらに、周囲の光以外にも問題がおこりえます。

よく知られているのが、

急なカーブに入ると直前の車を見失い、自動運転ができなくなる

というものです。

これまで自動的に運転していた車が、急なカーブに入るだけで、

急に運転の主導権を人間に丸投げするのです。

はたして、これによって事故の発生が増えないことは、ありうるのでしょうか。

コロニー化した車両の集団が大事故につながるのは、これまでは多くの場合が先頭車両に起因していました。

いうなれば、このような「中途半端な自動運転技術を搭載した車両」が、コロニーのあいだあいだに頻出してしまうのです。

最後に

自動運転技術は近未来の礎を築くはずである。しかし。
自動運転技術は近未来の礎を築くはずである。しかし。

自動運転技術は近未来の礎を築くはずである。しかし。

自動運転技術は、

2025年ごろに100万円程度を追加で支払えば搭載可能になる

と、考えられています。

しかし、それは欧米での予測です。

日本では、さらに5年遅い、2030年ごろになるかもしれません。

そもそも、汎用人工知能が2030年~2035年に開発されるという予測もあります。

自動運転技術の躍進。

この言葉は、私をワクワクさます。

だからこそ、今回紹介したような自動運転技術は、私をガッカリさせるのです。

一般的に言われている10年~15年後に、「正に有用で安全な自動運転技術」が作り上げられる、そのビジョンを想像できないのです。

あなたは、現在研究されている、「自動運転技術」をどう思うでしょうか。

「自動」という言葉に、踊らされてはいませんか?

究極のながら運動ができる!健康ステッパーナイスデイの感想!
皆さんこんにちは!今回ありがたいことに、ショップジャパンさんのキャンペーンに当選し、「健康ステッパーナイスデイ」を提供していただきました!あの大女優の草笛光子さんが愛用していることも有名ですよね。そこで今回は、実際に試したリアルな感想をお届けします!先にばらしますが…、ポメラニアンは必読です(笑)。 ↓  ↓  ↓ (PR)健康ステッパーナイスデイの詳細はこちら!14,700円→9,990円に改定されました。39日間の返品保証つきです!更新...
薬用石鹸プラスデオ(+deO)で加齢臭対策!殺菌効果が凄い!!
あなたは8割を超える女性が、異性のニオイを気にしている事実を、ご存知ですか?そして女性が男性に対して一番気にするのが「体臭」であるという事実をご存知でしょうか。あなたは、ご自身やもしくは旦那さんやご家族などの、体臭・加齢臭が気になっていませんか?そして、実際に40歳の前後から、急激に増えてくるニオイ成分が存在していることを、知っていますか?その加齢臭のもととなる成分がノネナールです。ノネナールは加齢によって、主に男性から多く分泌されます。今回は、そのノネナー...
UTCとGMTとJSTの違いは?原子時計~クオーツ時計まで体系的に解説!
2017年の1月1日、うるう秒が追加されました。2015年の7月1日午前9時にも1秒間のうるう秒が追加される予定でしたが、これは結局追加されませんでした。そのため、約2年半ぶりにうるう秒が追加されたこととなります。で、…と、わけわかりませんので色々と調べました!
近未来予測シリーズ-実現可能なSFの未来を垣間見よ!
近未来。20年から50年後の未来。私達が生きている間に訪れるであろうこの先。一体どうなっているでしょうか。例えば軌道エレベーター。実現しているでしょうか。しかし、こちらには根本的な問題があるため、安易に実現していると考えることはできません。それとは別に、車の自動運転はどうでしょうか。こちらは今ある技術の積み重ねで確実に実現され普及していくでしょう。この両者の違いは、今ある技術を応用していくことで実現可能なことか否かというものです。技術的困難性...
近未来のホイポイカプセル? 宇宙望遠鏡スターシェード計画
この記事は近未来シリーズの第二弾です。第一弾の記事は以下に掲載しています。今回は、近未来の「ホイポイカプセル」とでも言うべき、面白いプロジェクトがNASA(アメリカ航空宇宙局、National Aeronautics and Space Administration、カリフォルニア州)で研究されていますので紹介します。その名も「スターシェード(Star Shade、直訳すると星陰)計画」です。このスターシェード計画は、近未来のカプセルほいほいとでも言うような...
自動運転は2025年に+100万で付けられる!?近未来の車事情を予測!
このシリーズでは、現在存在する技術や、実現可能性の高いものに正しく配慮して、近未来の姿を予測するものです。更新履歴 2017/10/06 アウトライン構造を変更 2016/09/14 公開
ブログで読みやすい文章を書く!8つのポイントを解説!
更新履歴 2017/01/26 関連記事一覧を更新。 2017/01/17 一部の表現を改善。 2017/01/16 本内容を取り入れた、自作推敲ツールを追加。 2017/01/11 誤字・誤表現を修正。画像追加。 2017/01/10 公開。 私のブログ。日々アルファブロガー(死語?)を目指して記事を書いています(笑)。その一環で、読みやすい文章を書くように、常々心がけています。そもそも、ブログで書く文章と、小説の文章では、文体や言いまわしが違いますよね? ...
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect. >