おすすめ記事

タイマー有効活用で生活が豊かに!節電や無駄の省略にも繋がります!

シェアする

この記事の所要時間: 57
更新履歴
2017/07/05 AMP用にレイアウト変更
2016/11/12 初版

突然ですが、タイマー機能使ってますか?

お料理を作る時だとか、カップラーメンを作る時とかに使いますよね。

このタイマー機能、どれだけ活用するかによって時間をかなり有効に使えるようになります。

例えば、次のような不満はありませんか?

  • 毎日朝から炊きたてのご飯を食べたいけど時間が取れない
  • 洗濯を毎日やりたいけどかといって深夜にやるわけにはいかない
  • アースノーマットが半分しか持たないけどなんで?

こういった不満を持っている方は、この記事の内容をお読みいただけると有効的です。

この他にも、

  • 水槽の照明を時間で制御したい
  • クリスマスイルミを暗い間は付けたいけど、深夜は節電のために切っておきたい
  • 長期間出張や旅行に行くけど、留守を悟られたくない

などなど。

色々な、様々な用途に使えるタイマー機能。

ほんの少し活用法を覚えるだけで、生活を豊かにできます。

しかも様々な無駄を省くことにも繋がるのです。続き、気になりませんか?

そもそもタイマー機能って?

タイマー機能ってなんだろう。
タイマー機能ってなんだろう。

タイマー機能ってなんだろう。

タイマー機能。説明は要らない程に私達の生活に浸透していますが、実際のところちゃんと活用できている方は少ないのではないでしょうか。

そもそも、タイマー機能とひとくちで言っても、

電化製品に備え付けられているタイマー機能

自動タイマーを自前で用意して使うもの

があります。

それぞれの違いはどう違うのでしょうか?

スポンサーリンク

電化製品に備え付けられているタイマー機能

例えば、タイマー機能が付いた電化製品の代表といえば、炊飯器でしょう。

  • ご飯を美味しく
  • しかも炊きたてで
  •  しかも好きな時間で

食べるためには非常に重要です。

電化製品に最初から付いているのですから、この機能が便利なのは誰にでもわかるのではと思います。

炊飯器での活用

私は、朝・晩はできるだけ炊きたてのご飯が食べたいので、

夜寝る前に0.5合だけ炊飯ジャーにセットして、起床予定時間の30分前~1時間前に炊き上がるようにしています。そして、ご飯を食べたら、ジャーをパッと水洗いし、1合だけを帰宅時間前に炊き上がるようにセットして家を出ます。

こうしておくと、朝起きたり、家に帰ってきた頃にはふっくら美味しいご飯が、ちゃんと蒸らされて炊き上がっています。

ちょっと寝坊しても、ふりかけとご飯一膳を食べるだけで、朝の効率が違います。

夜遅くなって疲れていても、ご飯を炊くのがだるい! なんてこともありません。

もしも、更に楽をしたい方は、無洗米がお勧めです。私は楽して美味しいご飯を食べたいので、いつも100円ちょっと奮発して無洗米を買っています。

ご飯と水を入れて、あとは6時間とか10時間とか、起きる時間・買える時間に合わせてボタンを押すだけでオッケー。この時、炊き上がる時間を30分~1時間前にすることがポイントです。

物凄く簡単です。

私と同じように自炊が苦手な方でも、これくらい手間がかからなければ継続できるのではないでしょうか?

洗濯機での活用

洗濯機もタイマー機能が付いています。

一人暮らしをしている方は、洗濯物を1週間分溜めて一気に洗っている方も多いかと思います。

私が以前そうでした。だって楽だし、節水にも繋がるし。電気代も少なくすみます。

でも、接客業をしているから、毎日洗いたての服を着たいと思っている方も多くいらっしゃると思います。

私は、サラリーマンから病院の受付件、レセプト担当業務に転職をしたので、ここらへんには気を使っています。

まとめ洗をしてしまうと、週の初めの服は洗剤の香りが強かったり、逆に週の終わりには弱かったり。

中間の状態は無いの!? って思うことがありました。

だから今は毎日洗濯です。

しかし、仕事終わりに定時で帰ることができれば5時半に洗濯機を回すことができますが、残業があったり、急に飲み会があったり。

かといって遅く帰ってきてから洗濯を始めるのは、騒音が気になります。

そこで有効なのが、やっぱりタイマー機能です。

例えば、寝る前や朝起きた直ぐに、来ていた服や昨日着ていた服などを洗濯機に入れておき、タイマー機能を使って夕方の5時に終わるようにします。若しくは、乾燥機能付きの洗濯機などもいいですね。

これで毎日楽に、綺麗で程よい香りのする洗濯物を着ることが出来ます。

結局ここまで紹介したものって結局普通のこと

ここまで紹介した「炊飯器や洗濯機の話」は、とても普通のことですよね。しかし、ほんの少し工夫するだけで得られる恩恵が多いことも分かって頂けると思います。

では、逆に。

タイマー機能がついていない家電などでは、この恩恵は得られないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

先の例で示したような恩恵を、殆どの電化製品で受けることが出来るのです。

タイマー付きコンセントを使う

ここからがメインです。長い前フリでした(笑)。

以下の製品を見てください。これ、たったの千円ちょっとで買えるのですが、これが凄いんです。

普段から私も愛用しています。

  • 何が凄いのか?
  • どういった使い方ができるのか?

を次から説明します。

何が凄いの?

この製品の凄い所はズバリ、安いのに性能が良いということに他なりません。しかも、色々な用途に使用できるので、1個・2個あっても損はしません。

代表的な使い方はクリスマス用のイルミだが

この製品は、この時期のクリスマスシーズンを迎える今なら、もしかしたらもう購入を検討している方もいるかも知れません。それぐらい有名な製品です。

例えば、電飾を夜6時から点けて、朝になったら消す場合。これぐらいなら自分で、手でやってもそこまで面倒じゃないと思います。

でも、電気代。

勿体なくないですか?

例えば、夜6時から深夜2時までの間だけ点灯し、朝5時から6時まで点灯するようにして、電気代を節約してみたり。だからって、これをやるために手作業では大変です。

こういった用途に、コンセント付きのタイマーを使うというのはとても理に適っています。

でも、これだけ便利なタイマーなのですから、クリスマスシーズン以外でも使えます。普段の生活でも活用できるポイントは多いです。

アースノーマット、使用期間短くない??

例えば「60日用のアースノーマットを買ったのに、1ヶ月したらもう効果なくなってきた!!」って経験はありませんか?

ちなみに、私が住んでいる奄美は、年がら年中丁度いい気候(12月~3月は寒いのですが^^;)が多いせいで、ほぼ一年中アースノーマットを使っています。

本当に困りますよね。

だからこそ、アースノーマットの大容量タイプをストックして、切れたら即補充できるようにしています。

そうすると、アースノーマットの詰め替え用を買うだけで、年間結構な出費に。しかも、経験上半分しか持たないんですよね・・・。

それもそのはずです。

なんと、アースノーマットの日数表記は、「毎日ずっと使った日数ではなく、毎日毎晩、スイッチをオンオフして、夜から朝までの12時間だけ使った場合の日数」で表記されているんです。

おかしくない??

いえ、一応アースノーマットの詰め替え用にもそう書いてあります。それなのに、アースノーマットの本体には、12時間でオン・オフを繰り返すような機能はありません。

そこで、先程のタイマーが役立ちます。

それに「アースノーマットを使っていて、それを切った後も1時間位は効果が残ってますよね? 寝ている間ずっと使い続ける必要ないよね?」って思いませんか。

実際、タイマーを使ってアースノーマットを自動制御させるだけで、煩わしい蚊から解放されるだけでなく、結構な金額が浮きます。

以下の製品の価格が、2016年11月12日時点で「1,452」円です。

この製品を、通常通りの使い方でずっと使い続けると、なんと一年では「5,808」円!! もかかってしまいます。

でも、このタイマーを使って12時間でオンオフさせたら?

そうです! 単純に半額の「2,904」円で済むんです!

しかも、タイマーを使って、寝る前後の4時間、起きる前後の4時間だけで使うように制御したら?

なんと、1年使っても「1,936」円しかかかりません! 3千円弱もの金額が節約できます。

先程のタイマーが「1,200」ちょっとだったので、一緒に購入しても一年で「1,800」円も節約になります。

そもそもアースノーマット、1年中使う必要ある?

奄美~沖縄に住んでいる人は、アースノーマットを1年中使っている人はザラですが、関東・関西の方はどうでしょうかね?

南の方に住んでいる訳ではなくても、最近はデング熱という厄介な存在があるので、1年中使用することをお勧めします。背に腹は代えられないというか、体に蚊は留まらせたくないです(笑)。

アースノーマットを1年中、安く使って、防蚊しておく! だから自宅は安心!

この安心感はかけがえのないものだと思います。

ちなみに電気代は?

ちなみに、アースノーマットの電気代っていくらでしょうか?

以下の引用をご覧ください。

アースノーマットの電力量はどのくらいですか?
1時間に電力量は約5Whです。電気料は、1日(12時間使用)で約1円です。
http://www.earth-chem.co.jp/customer/qa/hae_ka/nomat/111.html より引用。

この説明が正しいのであれば、

タイマーを使わなかったら、1日2円、1年で730円かかります。

それが、なんとタイマーを使うだけで243円~365円まで節約できます。

詰め替え用ボトルの代金だけでなく、電気代も合わせて考えるとよりお得になることが分かりますね。ということは、地球にやさしいってことです

タイマー付きコンセントで空き巣防止! 電気代も節約!

ここは少し応用的です。

旅行や出張中に空き巣を寄せ付けないために大切です。

そもそも、空き巣って夜に忍び込むと思っていませんか?

これは間違いで、多くの空き巣が白昼堂々と自宅に、何食わぬ顔をして忍び込みます。この話は最近有名になっているので知っている方は多いですよね。

では、なぜ白昼堂々と侵入できるのかというと、

  • 空き巣は実際に侵入する前に、入念に下見をして、狙う家の外出時間や車の有無、出かける頻度などを調べているから

です。

ようするに、「白昼堂々と侵入できる=そこに誰も居ないことを知っている」ということです。

そこでおすすめされているのが、このタイマーを使って、居ない時に生活音を鳴らすという方法です。

これを例えば、テレビにはタイマー機能がついているので、昼の3時~5時まで自動で電源を入れることで、

  • 今私は部屋に居るよ!

と思わせることが出来ます。

これがとても大切です。これだけで空き巣被害は激減します。

でも、テレビだと消費電力が気になりませんか? 最近は微々たる料金らしいですが、ラジカセの方が安上がりではありませんか?

そうです!

タイマー付きコンセントなら、本来その機能のないラジカセなんかでもこれが可能になるのです。

例えば、まとまった期間旅行に行くとか、出張にいくなら、これは絶対電気代節約のために使ったほうが良いです。

その時、気をつけてほしいのが車です。

普段車で移動している方は、車は家において出かけましょう!

車がないのに音だけが鳴っている状態だと絶対、すぐバレます(笑)。

空き巣に入られるよりは、ほんの少しの電気代と、ほんの少しの電車代の方が絶対お得ですからね。しかも、節電対策もバッチリなので、空き巣の心配も薄れるのではないでしょうか。

最後に

今回紹介したタイマー付きコンセントは

  • 低価格で、
  • 使い方も簡単だし、

言うことなし! と言いたいのですが、1点だけ残念点があります。

それは、

  • 防水じゃない

ということです。だから、屋外で使用するためには自分で防水対策を行う必要があります。

家の軒先で使う場合は、二重に重ねたビニール袋を被せるなど、ちょっと工夫しないといけません。

それでも、これだけ便利なものがたったの1,200円アンダー!

購入しない手はないと思います。

生活を豊かにするタイマー機能。タイマー機能がなくても、この安くても上等なタイマー付きコンセントをぜひ使ってみてください。

最後に一言。

蚊よさらば!!!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect. >