おすすめ記事

ランサーズのマルチ商法チェッカーで自サイト公開方針をチェックしてみた話

シェアする

当サイト「ぺるせぽ。」は公式方針をできるだけ公開している。これらの方針がスパム判定されないことを確認してみた。
この記事の所要時間: 21

みなさんこんにちは! 色々と忙しくて記事執筆がぜんぜんできてません。

ので、ちょっとネタになりそうなことをみつけたのでパッと試して紹介してみます。

それは、

有名な企業であるランサーズが、紹介文を元にマルチ商法を高確率で発見するツールを無償公開した

というニュースです。

更新履歴
2018/02/07 微修正
2018/02/06 公開
スポンサーリンク

ランサーズってなに?

インターネットでブログ運営をしているとよく聞くランサーズ。Wikipediaでは以下のように解説されています。

ランサーズ (クラウドソーシング)Wikipedia
ランサーズ株式会社は、クラウドソーシングのプラットフォームであるLancersを通して個人間や個人法人間で仕事を取引する仕組みを提供している企業。Lancersでは仕事を依頼した企業と、仕事をしたい個人がインターネット上で個別に契約し、打ち合わせや納品までインターネット上で完結できる。クラウドソーシングを基軸に、個人の「働く」データベースを活用した事業展開を行っている。

過去現在にかけて一世をふうびしているクラウドソーシング・サービスを手掛けるベンチャー企業。2018年4月に起業10周年目を迎えるようです。私が知ったのは4・5年前でした。

実際に試す – 自サイトの公式方針をチェックしてみた

当サイト「ぺるせぽ。」は公式方針をできるだけ公開している。これらの方針がスパム判定されないことを確認してみた。

当サイト「ぺるせぽ。」は公式方針をできるだけ公開している。これらの方針がスパム判定されないことを確認してみた。

さて、では実際に試してみましょう。

試すのは、以下のリンク先にある「第三者へ向けて公開している、当サイトの5つの方針」です。

【サイト情報】ganohr.netの画像やその他メディア関連の使用方針について
当サイト(、当ドメイン(ganohr.net)、及び、本方針内で明示しているドメインにおいては、画像の著作権、及び肖像権に正しく配慮しています。 本記事で、当サイト・当ドメイン・本文内明示のドメインにおける画像・及びその他メディアの使用方針・引用方針を説明します。 この文章は、当サイトの閲覧者様には直接関係のないことが多数記載されておりますので、必要に応じてお読みくださるようお願い申し上げます。 他のサイト管理者様や、特定の団体の管理者様や、それに準じる方々は、必ず本文をお読みください。...
【サイト情報】当サイトのコメント管理方針、海外からのアクセス許可方針
この記事は、当サイトのコメント管理方針や、海外からのアクセス許可等の方針を明示するドキュメントです。 方針 日本国外からのアクセス 当サイトは、海外からのコメントスパムの発生に応じて、日本国外からのアクセスを一部の検索エンジンを除き遮断することが有ります。 コメント 当サイトのコメント欄は以下の方針で運用されています。 当サイトのコメント欄は、全て承認制になっています。そのため、第三者に知られることなく、当サイトの管理人へ連絡を行うことが可能です。 また、記事に関する通常...
【SiteInfo】ぺるせぽの記事執筆方針。第三者依頼への対応について
今回は当サイト「ぺるせぽ。」の第三者依頼にもとづく‘記事執筆の方針’を明示します。 厳粛に厳格に。 当サイトは‘読者第一主義’のもと、記事執筆を行っています。 この方針の明示により、読者への信頼を得ること。それにより第三者(執筆依頼者)の信頼を得ることを目的としています。
【SiteInfo】記事執筆依頼の単価および方針について
みなさんこんにちは! 今回はあえてタブーである、記事執筆の依頼における当サイトの単価を公表します。 ただし、この方針は管理人の都合によって自由に変更し、または非公表にできるものとします。
【サイト情報】第三者へ依頼する画像の書式及び形式と禁止事項について
当サイト「ぺるせぽ。」が画像作成を依頼する際において、画像の形式や作成される画像に対して、その書式と禁止する事項を掲載します。 一般の方々が、この内容をお読みになる必要はありません。 関係のあるかたはこの内容を読み、順守して頂きますようお願いします。

これらの方針はWordPressSite)ですので、記事編集コードを取得して、HTMLタグとWordPressのショートコードを除去して平文を生成し、その結果を以下のアドレスのツールでチェックします。

ランサーズのマルチ商法チェックツール

マルチ商法チェッカー / Check Multi-level marketing, spam
マルチ商法チェッカーは、マルチ商法の疑いのある勧誘文をチェックするための無料サービスです。ランサーズに蓄積された膨大なデータを機械学習を使って学習し、マルチ商法勧誘の可能性が高いか低いかをAIでチェックします。

※ 技術的な仕様、内部解説も公開されています。

Lancers社におけるスパムメッセージに対する取り組み - ランサーズ(Lancers)エンジニアブログ
ランサーズ社では今年の4月頃から毎週金曜日に自分の好きなテーマの開発ができる20%ルールというものを設けました。6月頃から20%ルールの中で機械学習の取り組みが本格化し始め、外部サービスを使って提供していたレコメンドシステムを内製化することを目標として社内から有志が集まりました。毎月利用費を支払っているので、

実際にチェックした結果、

全ての方針が「スパムの疑いは低い」と判定されました。

まあ、あたりまえか(笑)

ということで、結びです。

最後に

マルチ商法チェックツールを無償公開することは誰の利点で、誰の欠点になるのか

さて、今回のチェックはあくまでネタ的であるとしかいえません。

そもそも私がチェックしてみたのは明らかにマルチ商法ではないことが確定している文章です。

そして、「執筆依頼まってます!」程度の勧誘文でしかありません。

このチェックツールが対象としているのは、もっとお金の臭いがぷんぷんと漂ってくるものでしょう。

このチェックツールを公開し、利用者からのフィードバックを得て、より精度を高めようとしているのだと思います。

しかし、今後このツールがさらに信頼性の高いツールとなった場合どうでしょうか。

実際にマルチ商法をおこなう者たちが、

これから公開する文章を推敲して、マルチ商法臭を消し去るためのツールとして活用しないと言い切れるでしょうか。

開発者の方々は、せっかくの有用なシステムが犯罪者に悪用されないよう、うまく運用して頂きたいものです。

それさえ注意すれば、このシステムは今後とても役立つものになると思います。