おすすめ記事

デジコミ作者の作画画面は個性がでる?ので晒す。テレビみながら作ろう!

シェアする

この記事の所要時間: 216
更新履歴
2017/05/30 表現修正。
2017/05/21 初版公開。

みなさんこんにちは!

あなたは、デジコミ――パソコンでの漫画作成――にどのソフトをつかっていますか?

王道のクリスタでしょうか?

変化球でコミスタでしょうか?

きょを突いてSAIでしょうか?

それともMediBang Paintでしょうか?

私は裏をかいて(?)

「mdiapp+」ですね。最高です。

このように漫画の描き手の好みは千差万別ですから、それに応えるべく、いろいろなソフトがあります。

そして「好み」といえば、ペイントソフトのウィンドウ配置にも、かなり個性がでます。

ということで、今回は私の「mdiapp+」でのウィンドウ配置を紹介します!

テレビをみながら漫画をつくれますよ!

スポンサーリンク

私が漫画を描いているときのウィンドウ配置

私の作業画面はかなり特殊です。

これは「パソコンのディスプレイとしてテレビつかっている」ことに起因します。

私は漫画を描く作業の際は、テレビを画面の右上にだして、テレビをみながらやってます。(クリックで拡大)

漫画を描く際、私はテレビを画面の右上にだして、それをみながら作業しています。(クリックで拡大)

テレビをパソコンのディスプレイとしてつかう利点

私はテレビにパソコンの出力を表示して――ようするにパソコンのディスプレイとして――つかっています。

ポイント

パソコンのディスプレイとしてテレビをつかう利点

  • 比較的低価格で「高輝度LED液晶、かつ、高解像度(1080P)のモニタ」が手に入る
  • 音量調整や映像調整をリモコンで簡単に制御できる
  • テレビの2画面機能をつかって、パソコンで作業をしながらテレビをみられる

そのため、mdiapp+の画面でも、右上にテレビ画面をオーバーレイする(重ね合わせる)ことを意識しています。

これにより

テレビをみながら漫画を描いたり、小説を書いたり、ブログを更新したり

できます。

また、テレビをつかえばリモコン操作だけで、簡単に映像の雰囲気を変えられます。

ポイント

テレビをつかえばリモコン操作だけで、簡単に映像の雰囲気を変えられる

  • カラーマネジメント
  • シャープネス制御
  • 輝度・コントラスト

などを映像設定として登録しておけば、数回のボタン操作だけで切り替えられたり、とても便利です。

音量だって、ボタン操作でミュートしたり、ラウンドネスを変更したり。

お隣さんへ迷惑をかけないように、昼と夜で音量を変更するのも簡単です。

テレビをみながらデジコミをつくるための準備

Amazonや家電量販店(ヨドバシカメラ、ジャパネットタカタ等)で、最近の液晶テレビを購入してください。

大抵の機種でいけるハズです。値段も2万円~3万円前後で20インチ以上が買えます。

また、どれを買えばよいか迷う方は、

たとえば、私の使用している液晶テレビもおススメです。

テレビをみながら漫画つくるのに最適な「PinP」表示機能・ビデオ録画機能があります。

↓ ↓ ↓ Aquos LC-22K20(SHARP) ↓ ↓ ↓

※クリックでAmazonへ


また、映像出力のケーブルには注意してくださいね

私は漫画制作において3D演算も活用するために、
またHDMI端子をつかうために、以下のディスプレイ・アダプタを購入しています。

↓ ↓ ↓ NVIDIA GeForce GTX 750 Ti ↓ ↓ ↓


※クリックでAmazonへ

画面レイアウトの詳細

それでは、それぞれの画面レイアウトを解説します。

ナビゲータを右下に大きくつねに表示している理由

私は漫画を、

部分部分を拡大しながら、移動させながら

描いています。

そうなると、漫画の全体像を確認するのが通常では困難になります。

そのためナビゲータをつねに大きく表示して、これに対処しています。

私はTABキーをおしてウィンドウの表示・非表示を切り替えていますが、ディスプレイを複数枚つかうのも乙です。

プロジェクトビューを左端にだしている理由

また、mdiapp+は複数ページの漫画を描くのに向いています。

私はmdiapp+を、最初のネーム作業でもつかうので、ページを見開きのまま管理できる機能――プロジェクトビュー――を使用しています。

ですので、「プロジェクトビュー」もつねに表示しています。

左端ひだりはじにだしているのは、プロジェクトビューは全体を通してみれば、そこまで操作しないからです。

それでも非表示にするのが私は嫌なので、画面の外側へ配置しています。

そのほかのウィンドウ配置の理由

あとは、ほとんどのウィンドウが漫画を描くには必要です。

ですので、むだなスペースができないように、ウィンドウを配置しています。

テレビなら16対9の、ワイド画面で編集がおこなえて便利です。

最後に

今回は、私の漫画を描く際の作業画面を紹介しました。

私と同じように、

テレビをみながら漫画を描きたい

と思っている方には参考になると思います。

あなたはどんなウィンドウ配置で作業していますか?



『デジコミ作者の作画画面は個性がでる?ので晒す。テレビみながら作ろう!』へのコメント

  1. 名前:ふしみん 投稿日:2017/05/30(火) 12:24:53 ID:6902221ab 返信

    ナビゲーターを大きく表示させるというのは盲点でした!まめにナビの拡大縮小で原稿を確認していて下手したら原稿の端っこをさわってピョーンと原稿外を表示させてしまい自分にいらっとしていました(^_^;)レイアウト参考にさせていただきます

  2. 名前:Ganohr 投稿日:2017/05/30(火) 12:49:58 ID:bf5acb42f 返信

    >>ふしみんサン
    コメントありがとうございます!
    デジタル作画は拡大縮小ができて便利ですけど、ついつい全体像がワケワカメ…な状態になることはまま有りますよね~。
    少しでもお役にたっていれば幸いです^^。
    またお越しいただけると嬉しいです。
    それではまた~!

>