おすすめ記事

新しいSurfaceProでマインドマップ!無料のFreeplaneをインストールする方法

シェアする

新しいSurface Proは素晴らしいデバイス。
この記事の所要時間: 57

みなさんこんにちは。

最近購入し、ハマっている新しいSurface Pro解説)。

執筆活動におけるプロット作業や、アイデア整理で使い倒すべく、

無料のマインドマップ・ソフトであるFreeplaneをインストール

しましたので、そのインストール方法を解説します。

今後Surface Proでのマインドマップ実践例も公開しますので、そちらも楽お楽しみに。

スポンサーリンク

マインドマップとは

マインドマップWikipediaの定義は下記の通りです。

Wikipedia – マインドマップ

マインドマップはトニー・ブザン(Tony Buzan)が提唱した思考・発想法の一つ。頭の中で起こっていることを目に見えるようにした思考ツールのこと。

「マインドマップ」という呼称は、英国ThinkBuzan社が商標登録を管理している。

概要

描き方は、表現したい概念の中心となるキーワードやイメージを中央に置き、そこから放射状にキーワードやイメージを広げ、つなげていく。思考を整理し、発想を豊かにし、記憶力を高めるために、想像 (imagination) と連想 (association) を用いて思考を展開する。この方法によって複雑な概念もコンパクトに表現でき、非常に早く理解できるとされ、注目され始めている。人間の脳の意味ネットワークと呼ばれる意味記憶の構造(コリンズとキリアンら)によく適合しているので理解や記憶がしやすいと言われている。

しばしば「図解表現技法」や「ノート術」などと紹介されることがあるが、適切ではない。開発者のトニー・ブザン(Tony Buzan)は、脳科学や心理学の知見から、マインドマップを通してメンタルリテラシーの重要性を提唱している。メンタルリテラシーとは、簡単に言えば頭の使い方であり、学び方を学ぶ力や、学んだことを活用する力を指す。

本来は紙とペンで描くものだが、コンピュータ上で描くための専用ソフトウェアもいくつかある。

Freeplaneとは

FreeplaneSite)とは、FreeMindSite)の後継として開発されているソフトウェアです。マインドマップをコンピュータの上でおこなえます。

Freeplaneの特徴は、Java言語で開発されているため、Windowsのみならず多くのOSで動作することです。

そして完全無料。

Wikipedia – Freeplane
フリープレーン(Freeplane)は、Freemind を基に改善された、マインドマッピングを作成するフリーソフト。

概要
Freemind の開発者の一人が、これを基に改善したソフトウェアである。ライセンスは GPL。Java で動作するソフトウェアのため、Java がインストールされていればオペレーティングシステムの種類を問わない。USBメモリからも使用可能。

スポンサーリンク

Freeplaneをダウンロードする

ではさっそく、Freeplaneをダウンロードしましょう。

以下のリンクをクリックして公式サイトへアクセスしてください。

↓ Freeplaneのダウンロード元 ↓
Freeplane 日本語情報トップページ - OSDN
マインドマップ作成、ナレッジ・マネージメント、及びプロジェクト管理用のアプリケーションです。周知のFreeMindの中心的開発者のひとりによって作成された、Freemind からの改良バージョンです。アイデアと知識を展開し、まとめ、交換するのに最適の方法として、Freeplane をご利用ください。

次に、Freeplaneをインストールします。

>