おすすめ記事

保護フィルムを失敗せず綺麗にKindleへ貼る方法

シェアする

この記事の所要時間: 433

Kindle(Amazon)はとても軽くて持ち運びのしやすい電子書籍端末です。

しかも、以下を見ても分かる通り、用途に応じて低価格なエントリーモデル(初めての電子書籍端末として最適なもの)から、バックライトを搭載して紙のような質感の見た目を追求した上位モデル、更に薄くて軽いモデルや、液晶カラーディスプレイを搭載したタブレットタイプのモデルなど、バリエーションに富んでいます。

(PR)各種Kindleのモデル

当サイトが推しているポメラDM200を取り扱った電子書籍である「ポメラの本 DM200編」は、Kindleでしか読むことができません。

ちなみにKindleの電子書籍ならパソコンやMacでも、AndroidやiOsでも、読むためのソフトやアプリなどは無料で入手できます。

(PR)Kindle for Windows / Mac / Smart Phone アプリリンク

ただ私は以前よりSony Readerの電子書籍端末を愛用していましたので、どうせならKindleの端末を購入しようと考えていました。

また、

Kindle Paperwhite(キンドル・ペーパーホワイト)の漫画用モデル(Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル)が平成28年10月21日に発売された

タイミングであったことと、今後読書レビューを充実させていくためにこちらのモデルを購入しました。

そして、せっかく買ったので長持ちするよう画面に保護フィルムを購入し、貼り付けました。

ただこの保護フィルム、きれいに貼るのが苦手な方は多いのではないでしょうか?

そこで、今回はなぜ保護フィルムがきれいに貼れないかを解説し、今回実践した方法と結果を紹介します!

2017/10/03 アウトライン構造を変更
2016/11/28 公開

(PR)DM200の活用方法、設定などが詳しく紹介されています

スポンサーリンク

なぜ画面保護フィルムをきれいに貼れないのか

そもそも、保護フィルムをなぜきれいに貼り付けられないのでしょうか?

本人が不器用だからでしょうか?→違います

多くの方が、保護フィルムをきれいに貼れない理由の一つとして考えているのが、「不器用だから」というものではないでしょうか。

これは確かにそうではあるものの、一番の原因ではありません。

それには、2つの大きな理由があります

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect. >