banner-1709780_1280

方眼紙と私。世界を創造する力と想像する力を身に着けた

この記事をシェアする

みなさんこんにちは!

いきなりですが、「方眼紙」って最近つかいましたか?

方眼紙をつかうのは、どちらかといえば学生時代が中心。グラフを手書きするときや、図形を描画するときにつかいます。

そのため、大人になると使用頻度がとてもへります。

それに人によっては、「学生時代でもほとんど使用した経験がない」なんてこともあります。

かわって私は、この方眼紙にかなり思い入れがあります。

そこで今回は「方眼紙と私」と題して、どのように方眼紙をつかってきたか紹介します!

 

 

 

方眼紙で世界をつくる?マリオのステージを妄想した

もしもスーパーマリオブラザーズの世界がこの世にあるなら、きっとこんな感じ。
もしもスーパーマリオブラザーズの世界がこの世にあるなら、きっとこんな感じ。

 

スーパーマリオブラザーズ。通称マリオ。

今から20年~25年前、私が小学生の1年生・2年生の頃は、マリオが異常なほど大人気でした。

かくいう私は、アクションゲームが大の苦手。

1面さえもまともにクリアできませんでした。

 

そもそも当時、私の自宅にはファミコンもスーパーファミコンもありません。

友達の家に遊びに行くと、やはり大人気だったマリオ。

みんなで交代交代でプレイします。

 

しかし家にゲーム機がなかったので、私だけ度がつくほどにヘタ。

だからある時、練習のために

マリオのステージを、方眼紙に書き写すこと

を思いつきました。

 

そう、

友達が遊んでいるのを参考にマッピング(≒地図を描くこと)した

のです。

ふつう、マッピングはアクションゲームではやりません。

複雑なダンジョン迷路ゲームなどで、おこなうものです。

…当時の私はちょっとズレてますね(笑)。

 

順番待ちしている友達と、ワイワイ言いながら書き写していきます。

方眼紙の一つのマスが、マリオの一つ一つのブロックに相当します。

 

そして小学生の低学年におこなったので、どんどん最初の目的からズレていきます。

最初はちゃんとマップを書き写していたのに、次第に、オリジナルの要素が描かれていきます。

 

たとえば、

  • 単なる平地なのに、「キラー(マリオに出てくる敵キャラ)」を勝手に追加
  • 一体だけでは飽き足らず「ハンマーブロス(同様に敵キャラ)」を大量に書いたり

 

そして、

最終的に自分がどういうステージを作るか、そういった方向へ

向かってしまいきました。

DSマリオメーカーのアナログ版とでもいうような、そんなものですね(笑)。

 

そうしてノートに書いたフィールドを

頭のなかでプレイしていました。

 

もしかしたら、同じような経験をされた方もいるでしょう。

 

方眼紙をつかうことで、

自分の世界を構築し、また紙に描かれた「自分や他人の世界を想像する能力

を手に入れたのです。

 

 

 

方眼紙をつかって迷路を構築した

私は迷路が大好きだ。その奥深さは情操教育に役立つ。
私は迷路が大好きだ。その奥深さは情操教育に役立つ。

 

そして、小学生のころに私が好きだったのが「迷路」。

線だけで作られた世界。

閉じられた世界ではあるものの、誰に教わることもなく、自然と一見しただけでルールがわかる。

そんな魅力を持っています。

最初は、図書館で児童書の迷路を借りてきては、指でなぞって遊んでいました。

しかし町立図書館の児童書で、しかも迷路本となると数も知れています。そんなに種類はありません。

すぐに、全部の迷路を遊び終えてしまいます。

 

そこで方眼紙の出番です。

 

方眼紙なら、

マスを鉛筆で塗りつぶすだけで、簡単に、オリジナルの迷路が作れます。

 

そして、マリオのステージをつくるのとは異なり、自分が作った迷路なら、

実際に書き込んで遊ぶことも、友達に遊んでもらうことも可能

です。

 

また、ある程度迷路をつくりなれると、

階段を設けて別の迷路へ相互に行き来できたり、

凝った迷路もつくれます。

 

複雑な迷路を整合性を持たせてつくることで、論理的な思考力が磨かれます。

 

 

 

方眼紙でプログラミングした

今のパソコンは大昔のパソコンとは違う!(画像はWikipediaより引用)。
当時はPC9801が主流。N88BASIC言語でプログラムを独学して覚えた(画像はWikipediaより引用)。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/8/8b/NEC_PC-9801_RX_Personal_Computer.jpg/800px-NEC_PC-9801_RX_Personal_Computer.jpg

 

また、私は小学生5年から、プログラミングを始めました。

これは、完全な独学でした。

 

町立図書館から児童向けのプログラミングの本を借りてきては、自宅のパソコンにプログラムを入力し覚えていったのです。

最初はまったく理屈がわかりません。

それでも何度か繰り返していくと、その経験を通して、じょじょに意味が分かり出します。

 

たとえば本をみながらパソコンへプログラムを入力する場合。

 

入力が終わったからといって、そのままプログラムが完成したりはしません。

入力したプログラムを動かそうとしても、動かないことが大半なのです。

その理由の多くが、簡単な入力ミス。プログラムというのは、たった1文字の入力ミスで動かなくなります。

 

何日もかけて、本とパソコンを穴があくほど見比べ、完全に同じ内容を入れ込む。

 

すると、今まで動かなかったプログラムが、いきなり動き出します。

このような入力ミスを繰り返しては正していく作業を繰り返すと、

プログラムを一言一句、丁寧に「見続ける」ことが苦ではなくなります。

 

そうなれば、ありとあらゆる本を借りては、それをマネしていけます。

その過程のなかで、自分で

オリジナルのゲームを作りたい

と、思うようになりました。

 

そうして、オリジナルゲームをつくるために、役に立ちそうなプログラムを組み合わせていきました。

当時のプログラムはBASIC言語(プログラムつくる言葉の一つ)でつくられています。

BASIC言語は、プログラムを途中までつくって動かせる特徴をもっています。

 

とりあえず、プログラムをつくっては動かし、途中までつくっては動かす。

そんなことが簡単にできました。

 

こうして私が最初にオリジナルのゲームをつくったのは、

小学5年生の冬でした。

 

内容は非常に簡単。

画面上部に敵がいて、自分が操作する自機が向かい合っています。

そして「それぞれ1発の弾を打ち合って、相手に命中させていく」、

いわゆるシューティングゲームでした。

私が小学生時代に、初めて、一からつくったゲーム。当時の写真はないのでイメージ図だが、プログラムの難しさと楽しさ、努力すれば解決できることを知った。
私が小学生時代に、初めて、一からつくったゲーム。当時の写真はないのでイメージ図。簡単なプログラムだったが、自分でゲームを作ることの難しさと楽しさ、そして努力すれば「なんでも解決できる」ことを知った。

 

 

このゲームを作るときに、「一発の弾を打つ」という仕組みがつくれずに、悪戦苦闘していたことを覚えています。

 

具体的にいえば、

「弾を打っている途中に、新たな弾を打てなくする方法」

が、分からなかったのです。

 

そのため

弾を打っている途中に、再度弾を打ち出すと、あら不思議。

途中まで飛んでいた弾が

「再度弾を打つと、いきなり自機の目の前にワープする」

という、不具合を引き起こしたのです。

弾を打っている途中に、再度弾を発射させると、飛んでいる弾が目の前にワープする不具合が起きた。当時の私は、この現象を回避する方法を寝ずに考えた。
弾を打っている途中に、再度弾を発射させると、飛んでいる弾が目の前にワープする不具合が起きた。当時の私は、この現象を回避する方法を寝ずに考えた。

 

当時、プログラミング経験の浅かった私。

これを回避する方法が、まったく分かりませんでした。

 

そこで私は、

自分がつくっているプログラムを方眼紙に書き写しました。

小学校の昼休みや自習時間をつかって、その方眼紙にプログラムを書き込み、回避策を模索しました。

 

そして、不意にひらめきます。

「今弾を打っているかどうかの状態」をもとに、「弾を打つ処理を呼び出すか否かを切りかえればよい」ということが、分かったのです。

 

これは、言われてみれば簡単なことでしょう。

しかし、これを自分一人で気づき、形にできた経験は大きかったのです。

私はこの経験により、プログラムを自分で作ることの喜びを知りました。

 

このように、

方眼紙にプログラムを書くという行為は、そのプログラム(やその言語)への深い理解を援助します。

 

 

 

最後に

今回紹介した例は、通常のコピー用紙や、罫線ノートでもことたりると思われるかもしれません。

しかし、あらかじめ一定の大きさのマス目があることは、非常に大切です。例えば、迷路を作るのに定規は不要です。マッピングもフリーハンドで行えます。

また、プログラムは1文字でも間違えると正しく動きません。1文字1文字を丁寧に、しっかりと書くために、方眼紙は最適だったのです。

そう。

まさしく方眼紙があったからこそ、今の私があるのです。

 

みなさんは、今回解説したような、

「自分を変えたような、支えたような」文房具は、何がありますか?

もし、みなさんなりの例があれば、この記事のコメント欄へ書き込んでくださいね!

この記事をシェアする

AMPバージョンはこちら。

※ Google Chromeか、Android スマートフォンでご参照ください。

全体の最新記事!

  • mdiapp用ブラシスクリプト「トキペン」バージョンアップ
  • 【アルペン有料版】丸シッポ版が超絶バージョンアップ!色々できるぞ!
  • 【SiteInfo】Twitterのメインアカウントを変更しました
  • ワコム製ペンタブ設定。後からアプリケーションを変更する方法
  • ワコム製ペンタブでmdiapp!バージョンアップしても設定を引き継ぐ!
  • 【ブラシスクリプト】パラメータの定義と取得にKVCモデルを導入する利点
  • 【メディバン】アルペン有料版・無料版を公開!【JUMPペイント】
  • 左手デバイス探訪記!XP-PENワイヤレスリモートAC19の詳細
  • 【SiteInfo】当サイトの記事執筆方針。第三者依頼への対応について
  • 【奄美空港】バニラエアの車いす搭乗問題について言いたいことがある
  • アルペン有料版は線の太さが自由自在!その他詳細を解説!
  • 【奄美のコンビニで発見♪】この延べ棒食えるぞ!?金と銀の延べ棒が激うま!
  • 【SEO】タイトルの長さは38字に抑えろ!?3つの定石を解説!
  • 漫画フキダシに自由自在なシッポを追加する!アルペンのテスト始また
  • 【四コマ漫画】奄美と沖縄の違い!さしみ醬油編【奄美日記10】
  • 【メディペ・mdiapp+】漫画フキダシ用の銀ペン、Ver0.0.6の詳細
  • 【メディペ・mdiapp+】漫画フキダシ用の銀ペンが怒涛のアップデート!
  • SEO:編集中のテキストからキーワードを自動選定する方法!
  • 20分あれば10分眠れる!?効率的に作業をするための快眠法!
  • 【メディペ】漫画ペン入れに最適!?トキペンを公開!【コミラボ】
  • 投稿者:

    Ganohr

    https://twitter.com/garnot1https://twitter.com/ganohr私は小学4年からプログラミングを初め、ITエンジニアとしても10年の実績のある個人SEです。ハンドルは「ガノー」で、通常の綴は「Garnot」です。「Ganohr」はガノーという音と、「Gan=ガン(目)、Ohr=オール(耳、ドイツ語)=目と耳」という意味を込めたものです。目と耳に届く情報を大切にしたい! 目と耳で楽しめるゲームやコンテンツを作りたい、発信したい!そういう思いで当サイトを運営しています。

    コメントを残す

    気楽にコメントをお願いします!

    SPAM対策が施されています。投稿に失敗すると1時間ロックされます。