おすすめ記事

【DM200】アウトライン定義文字を秀丸で一括置換する方法

シェアする

あとは正規表現を用いて一括置換するだけです。
この記事の所要時間: 252
更新履歴
2017/01/07 文章構造を修正。
2017/01/02 初版公開。

ポメラDM200(キングジム社)は平成28年12月16日にソフトウェアバージョンアップがありました。

その中で、アウトライン定義を「.」(半角ピリオド)以外にも「#」(半角ナンバー記号)でも定義できるようになりました。

そのため、これまで「.」で定義していたアウトラインを、「#」に置換したいと思う方がいるかもしれません。

そこで、今回は秀丸(サイトー企画)の正規表現をもちいて、これを一括置換する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

一括置換のやり方

とても簡単です。

まず、【「.」→「#」】へ一括置換したいテキストファイルを秀丸で開きます。

その後、「CTLR」キーをおしたまま「R」キーを押して「置換」画面をだします。

「CTRL」キーをおしたまま「R」キーをおして「置換」画面をだします。
「CTRL」キーをおしたまま「R」キーをおして「置換」画面をだします。

「CTRL」キーをおしたまま「R」キーをおして「置換」画面をだします。

そして、以下の手順をおこなって全置換します。

全置換の手順

あとは正規表現を用いて一括置換するだけです。
あとは正規表現を用いて一括置換するだけです。

あとは正規表現を用いて一括置換するだけです。

①「検索(S):」に以下の内容をいれます。

(?<=^\#*)\.

②「置換(E):」に以下の内容をいれます。

#

③各種☑の状態を設定します。

正規表現(R)にだけ☑がついている状態にします

④「全置換(A)」をおします。

置換例

以下の内容が、

.【DM200】アウトライン定義文字を秀丸で一括置換する方法

ポメラDM200(キングジム社)は平成28年12月16日にソフトウェアバージョンアップがありました。

その中で、アウトライン定義を「.」(半角ピリオド)以外にも「#」(半角ナンバー記号)でも定義できるようになりました。

もしもこれまで「.」で定義していたアウトラインを、「#」に置換したいと思う方がいるかもしれません。

そこで、今回は秀丸(サイトー企画)の正規表現をもちいて、これを一括置換する方法をご紹介します。

.やり方

簡単です。

【「.」→「#」】へ一括置換したいテキストファイルを秀丸で開きます。

その後、「CTLR」キーをおしたまま「R」キーを押して「置換」画面をだします。

そして、以下の手順をおこなって全置換します。

..全置換の手順

①「検索(S):」に以下の内容をいれます。

(?<=^\#*)\.
②「置換(E):」に以下の内容をいれます。
#
③各種☑の状態を設定します。
正規表現(R)にだけ☑がついている状態にします
④「全置換(A)」をおします。 .置換例 以下の内容が、 以下のように一括置換できます。 .応用 ..【「.」→「!」(半角エクスクラメーションマーク)】へ置換する ①「検索(S):」に以下の内容をいれます。
(?<=^\!*)\.
②「置換(E):」に以下の内容をいれます。
!
なお、その他のパターンへの変更は、 .をたとえば「#」にして、!をたとえば「.」などにすれば可能です。 簡単ですね! .最後に マークダウンというものは、色々な方言があります。「#」を使うか「.」を使うか、はたまた「!」を使うかなど。 DM200で柔軟に使い分けられるようになったことはありがたいですよね。 また、もしもポメラDM200を使っていて、困っていることがあればコメント欄にでも描いて頂ければ幸いです。 というわけで、本年も当サイトとをよろしくお願い申し上げます!

以下のように一括置換されます。

#【DM200】アウトライン定義文字を秀丸で一括置換する方法

ポメラDM200(キングジム社)は平成28年12月16日にソフトウェアバージョンアップがありました。

その中で、アウトライン定義を「.」(半角ピリオド)以外にも「#」(半角ナンバー記号)でも定義できるようになりました。

もしもこれまで「.」で定義していたアウトラインを、「#」に置換したいと思う方がいるかもしれません。

そこで、今回は秀丸(サイトー企画)の正規表現をもちいて、これを一括置換する方法をご紹介します。

#やり方

簡単です。

【「.」→「#」】へ一括置換したいテキストファイルを秀丸で開きます。

その後、「CTLR」キーをおしたまま「R」キーを押して「置換」画面をだします。

そして、以下の手順をおこなって全置換します。

##全置換の手順

①「検索(S):」に以下の内容をいれます。

(?<=^\#*)\.
②「置換(E):」に以下の内容をいれます。
#
③各種☑の状態を設定します。
正規表現(R)にだけ☑がついている状態にします
④「全置換(A)」をおします。 #置換例 以下の内容が、 以下のように一括置換できます。 #応用 ##【「.」→「!」(半角エクスクラメーションマーク)】へ置換する ①「検索(S):」に以下の内容をいれます。
(?<=^\!*)\.
②「置換(E):」に以下の内容をいれます。
!
なお、その他のパターンへの変更は、 .をたとえば「#」にして、!をたとえば「.」などにすれば可能です。 簡単ですね! #最後に マークダウンというものは、色々な方言があります。「#」を使うか「.」を使うか、はたまた「!」を使うかなど。 DM200で柔軟に使い分けられるようになったことはありがたいですよね。 また、もしもポメラDM200を使っていて、困っていることがあればコメント欄にでも描いて頂ければ幸いです。 というわけで、本年も当サイトとをよろしくお願い申し上げます!

一括でおこなえるので楽ですね!!

応用

【「.」→「!」(半角エクスクラメーションマーク)】へ置換する

①「検索(S):」に以下の内容をいれます。

(?<=^\!*)\.

※ 最後に「.」(半角ピリオド)があります。
②「置換(E):」に以下の内容をいれます。

!

なお、その他のパターンへの変更は、

.」をたとえば「#」にして、!をたとえば「.」(半角ピリオド)などにすれば可能です。

簡単ですね!

最後に

マークダウンというものは、色々な方言(表現の違い)があります。例えば「#」(半角ナンバー記号)を使うか「.」(半角ピリオド)を使うか、はたまた「!」(半角エクスクラメーション)を使うかなど。

DM200で用途別に柔軟に使い分けられるようになったことはありがたいですよね。

というわけで、本年も当サイトをよろしくお願い申し上げます!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect. >