おすすめ記事

SurfacePro/Laptopを徹底比較!実機レビュー!

シェアする

この記事の所要時間: 542

みなさんこんにちは。

今回はリンクシェア・ジャパン(Site)さんの厚意により、

新しいSurface Laptopを無料でお借りしてレビュー

する機会をいただきました!

そこで今回は、

私がもっているSurface Proとお借りしたSurface Laptopを比較しながらレビュー

します!

更新履歴
2017/12/09 OSについて誤解しやすい点を追記
2017/12/07 リンク漏れを是正。その他微修正
2017/12/05 SurfaceProのOSをHomeとしていたミスを修正
2017/12/04 公開

スポンサーリンク

Surface Laptopとは何か

Surface Laptopを閉じた状態。表面はスタイリッシュで、光沢のあるWindowsのロゴが映える。(クリックして商品ページへ)

Surface Laptopを閉じた状態。表面はスタイリッシュで、光沢のあるWindowsのロゴが映える。(クリックして商品ページへ)

Surface Laptopは、Surface Pro解説)から派生した、キーボード一体型のコンピュータです。

Surface Laptopは、

キーボード一体型でありながら非常に薄く、性能の高さと可搬性を両立

しています。

内部のOSはWindows 10Sが最初から搭載されていますが、用途に応じてWindows 10 Professionalへ期間限定で無料アップデートできます。

たとえば仕事用として職場で用いるならWindows 10 Professionalを、自宅のサブ機として用いるなら省電力なWindows 10Sを運用することができます。

※ (追記:2017/12/09)2つのOSを切り替えて運用することはできず、10SからProfessionalへアップグレードすると、それ以降はProfessionalのみ使える状態になります。(追記以上)

また、Windows 10Sはセキュリティ確保に重点がおかれているため、学生用のコンピュータとしても最適です。

画面サイズも大きく、その分キーボードもよりゆったりしたキーピッチになっています。文筆作業にも適します。

また高性能になった新しいSurface Penも使えるうえ、通常のノートパソコンよりも画面を大きく開けます。

ペンでの作画作業や、小説を書いて手書きで推敲する作業にも、最適といえるでしょう。

Surface Laptopに新しいSurface Penを用いて、小説を手書きで推敲している様子。One Noteアプリが使えるので、誰でも簡単。(クリックして商品ページへ)

Surface Laptopに新しいSurface Penを用いて、小説を手書きで推敲している様子。One Noteアプリが使えるので、誰でも簡単。(クリックして商品ページへ)

Surface LaptopとSurface Proの違い

それでは、Surface ProとSurface Laptopの違いはなんでしょうか。

詳細に比較していきましょう。

ポイント
Surface ProとSurface Laptopの違いを簡単に比較!

項目Surface ProSurface Laptop
OSWindows 10 ProfessionalWindows 10S
または
Windows 10 Professional
※ 一度Professionalへ変更すると、それ以降10Sは選択できない
正面カメラありあり
背面カメラありなし
Wi-Fiありあり
Bluetoothありあり
USBUSB3.0が1ポートUSB3.0が1ポート
メモリ・カード・リーダMicro SDHC Cardなし
mini HDMI端子ありあり
Surface Penの収納左側面画面を閉じた表面
重量768g
※本体のみ
1,252g
画面サイズ12.3インチ13.5インチ
解像度2736 x 1824
※267PPI
2256 x 1504
※201PPI
電源ボタン左上部キーボードの一部として存在
音量ボタン左上部なし
CPU / メモリ / ストレージ※ 個人の選択によって異なる。
最低価格¥ 114,264¥ 136,944
使用想定自宅や職場、外に持ち出すことも可能。
タブレット端末としても、ノートパソコンとしても使える。
漫画家・芸術家・文筆家に向く。
自宅や職場など室内を中心に活用できる。
高セキュリティと省電力性を有しており、個人はもちろん、学生や社会人にも向く。
仕事用途のスタンダードになりうる。

画面サイズの違い

新しいSurface Pro(左)とSurface Laptop(右)を正面から撮影し大きさを比較した。Surface Laptopの方が一回り大きい。

新しいSurface Pro(左)とSurface Laptop(右)を正面から撮影し大きさを比較した。Surface Laptopの方が一回り大きい。

両者の違いとして

最初に気づくことは、画面の大きさの違い

でしょう。

Surface Proは家の中で使うことも、家の外にもちだして使うことも考えられています。

その分、画面サイズは抑えられています。

対してSurface Laptopは、主に室内――たとえば自宅だったり、仕事場だったり、学校だったり――での使用が想定されています。

そのため画面サイズを大きくして、より使いやすさを確保しているわけです。

厚みの違い

新しいSurface Pro(上)とSurface Laptop(下)の厚みの違い。キーボード一体型でありながら、薄くて軽い。

新しいSurface Pro(上)とSurface Laptop(下)の厚みの違い。キーボード一体型でありながら、薄くて軽い。

次に厚みの違いをみてみましょう。

Surface Proは別売のType Cover(脱着式のカバー型キーボード)を購入し、装着すればノートパソコンとしても使えます。

このSurface ProとType Coverをつけた状態でSurface Laptopとを比較すると、一番薄い手前側の部分はSurface Laptopの方が薄くなっています。

ちなみに、Surface ProはType Coverを外すと、Surface Laptopの一番薄い部分とほぼ同じ厚みになります。

またSurface Laptopは手前側から奥側へかけて厚みが増しており、キーボードが自然と傾斜するように設計されています。

それでも、

一番厚い部分でも親指一本分ほど

しかありません。

Surface Laptopは手前側から奥側へかけて、自然と傾斜するように厚みが変化する。一番厚い部分でも、親指一本分ほどの厚みしかない。液晶も本体も非常に薄い。

Surface Laptopは手前側から奥側へかけて、自然と傾斜するように厚みが変化する。一番厚い部分でも、親指一本分ほどの厚みしかない。液晶も本体も非常に薄い。

そのほかに、どういった違いがあるでしょうか。

後半に続きます!

>