fountain-pen-1053697_1920

漫画フキダシに自由自在なシッポを追加する!アルペンのテスト始また

この記事をシェアする
更新履歴
2017/06/19 Q&A一件追加
2017/06/18 公開

みなさんこんにちは!

現在開発中の‘アルペン’(AlPen)。

漫画のフキダシに、自由にシッポを付けたい! という欲求を満たすべく開発しています。

概要

このアルペンは‘mdiapp+’http://www.nattou.org/mdiapp/‘MediBang Paint’https://medibangpaint.com/)、‘コミラボ+’http://portalgraphics.net/cl/plus/)で動作することを目指して開発しています。

有料公開を目指し開発しており(500円~700円前後)、現在試作品を有志の方々に試用して頂いて、実際の使用感をもとに改善をおこなって行こうという段階です。

※ 現在テスターは募集しておりません。

 

 

 

 

開発中のアルペン有料版に対して頂いた感想・要望

今後、要望や感想を頂き次第、随時こちらにて報告し、その対応の旨を報告致します。

 

質問

  1. アルペンを導入しました。しかしシッポが描けません。何か注意点等ありますか?

 

回答

  1. アルペンは吹出認識機能が最初から有効になっています
    • 吹出認識をオフにして通常通り描けるかご確認ください。
    • 「吹出認識」が有効で、且つ「フキダシの中から外へペンを動かした場合」に、フキダシをみつけるとシッポを描きます。
    • 言い換えれば、描画中にフキダシを認識できない場合、現状はシッポが描かれません。
    • フキダシが認識出来ない場合でも、軌跡を描くよう改善します。

 

アルペン無料版について

なお、アルペンは無料版も用意する予定です。

ただし、無料版は「吹出認識」を搭載しません。また、自由自在な経路を描く機能も搭載しません。

されど、フキダシで使いやすいように、

  • 三角形をサッと描ける
  • 「。oO」(マルシッポ)を簡単に描ける

よう考慮します。

 

最後に

今回のテストに御協力して頂いている方々、Twitterなどでご意見ご感想をいただいている方々、当サイトを御閲覧頂いている方々。

今後とも皆様の漫画制作を支援できる色々なブラシや、ツール、ソフト類を開発していきます!

よろしくお願いします! m(_ _)m

 

 

 

この記事をシェアする

AMPバージョンはこちら。

※ Google Chromeか、Android スマートフォンでご参照ください。

漫画制作技術の最新記事!

全体の最新記事!

  • 【メディペ・mdiapp+】漫画フキダシ用の銀ペン、Ver0.0.6の詳細
  • 漫画フキダシに自由自在なシッポを追加する!アルペンのテスト始また
  • 【メディペ・mdiapp+】漫画フキダシ用の銀ペンが怒涛のアップデート!
  • SEO:編集中のテキストからキーワードを自動選定する方法!
  • 20分あれば10分眠れる!?効率的に作業をするための快眠法!
  • 【メディペ】漫画ペン入れに最適!?トキペンを公開!【コミラボ】
  • 【小説】プロットとはなにか。何をつくればよいのか
  • デジタルお習字に最適!?mdiapp+で3つのブラシを試す!
  • 【銀ペン】Ver0.0.3は銀座ペンを追加。オマケあり
  • 【ワードプレス】AMPプラグインでエラー発生!した時の対処法【WpX】
  • ワコム製ペンタブの挙動がおかしくなった時の対処法!
  • 【サイト情報】コメント欄メルアド不要へ。過去コメントからもメルアドを除去
  • ブログランキング退会・HTTPSへ完全移行しました【サイト情報】
  • 読書をすべき3つの理由。人工知能に負けないための再認識。
  • レンジ不要のカレーメシがうまい!簡単アレンジも!
  • 不意のフリーズも怖くない!?秀丸のオートセーブを有効化する方法
  • 【DM200】ポメラでブログ!?階層付きテキストを秀丸でHTML化する方法
  • デジコミ作者の作画画面は個性がでる?ので晒す。テレビみながら作ろう!
  • 【メディペ】一番簡単にコマ外へはみだしたフキダシを処理する方法!【mdiapp+】
  • 【メディペ・mdiapp+】専用ブラシでフキダシを描こう!【銀ペン】
  • 投稿者:

    Ganohr

    https://twitter.com/garnot1 https://twitter.com/ganohr 私は小学4年からプログラミングを初め、ITエンジニアとしても10年の実績のある個人SEです。ハンドルは「ガノー」で、通常の綴は「Garnot」です。「Ganohr」はガノーという音と、「Gan=ガン(目)、Ohr=オール(耳、ドイツ語)=目と耳」という意味を込めたものです。 目と耳に届く情報を大切にしたい! 目と耳で楽しめるゲームやコンテンツを作りたい、発信したい! そういう思いで当サイトを運営しています。

    コメントを残す

    気楽にコメントをお願いします!

    SPAM対策が施されています。投稿に失敗すると1時間ロックされます。