待ちに待ったDM200。 http://www.kingjim.co.jp/ より引用。

【新型ポメラ】DM200が、ついに我が家にやってきた!

この記事をシェアする
更新履歴
2017/02/17 アウトライン構造を修正。関連記事更新。
2016/10/27 開封レビュー動画を投稿
2016/10/24 初版公開

10月21日発売のDM200(キングジム・ポメラDM200)。当サイトの管理人は10月4日に申し込みを完了していましたが、在住地が奄美であるため輸送に時間がかかり、結局届いたのが10月24日の午後7時30分頃でした。

早速DM200を開封したので、開封レビューを行います!

ちなみに、この記事の下書きはDM200で行っています。
この段階で既に小気味よい印象を受けています。キーの剛性はやはりとても強いですし、PCのフルサイズキーボードのようなしっかりとした打鍵感があります。キーを押したときの沈み感はやや短い感じは受けますが、些細なことです。

それでは、以降の開封レビュー・及び動画をご覧ください。

 

ポメラの梱包を開封する

文栄堂ネットショップさんからポメラDM200届きました。
文栄堂ネットショップさんからポメラDM200届きました。

写真をご覧ください。ついに我が家に、ポメラDM200がやってきました。箱は頑丈なつくり。「精密機器につき取扱注意!」というラベルも貼られており、箱の側面もきれいでしたので、大切に運んでいただいたと思います。文栄堂ネットショップさんに感謝!

 

開封して箱のふたを開けると

。待ち望んだよDM200。綺麗に収まっています
ポメラがあった!(byクララ)

 

そこには、感動の姿が。思わず「ポメラがあった!」と某少女よろしく、感嘆の言葉をあげてしまいました。これからよろしくね。

 

薄い白化粧をしたポメラを抱え上げて一言

感動のままポメラを持ち上げてまず感じること。うん、重い。
感動のままポメラを持ち上げて第一声。うん、重い。

 

実際に持ってみると、重量感があります。DM100に比べるとやっぱり重くなった印象はぬぐえません。でも、置いて使う方々にはさほど問題にはならなさそうです。

 

 

ポメラDM200のとりせつ

DM200のとりせつ。見た目はさほど変わっていませんでした。中身もウェブのとほとんどが同じ。
DM200のとりせつ。見た目はさほど変わっていませんでした。中身もウェブのとほとんどが同じ。

 

アフターサービス

 

アフターサービスは、やはり詳細が分かりませんでしたが、故障時に電話サポートを受ける形のようです。

 

バッテリー

バッテリーはリチウムイオンポリマーでした。保管耐久性能も高いです。ただし、奄美~沖縄は湿度90%とかザラなので注意を。
バッテリーはリチウムイオンポリマーでした。保管耐久性能も高いです。ただし、奄美~沖縄は湿度90%とかザラなので注意を。

バッテリーはリチウムイオンポリマーであることが明記されていました。爆発だけはなさそうです。変形する可能性は否定できはしませんが、変形したらサポートセンターに電話することにして割り切ります。

 

初めての起動とディスプレイ

祝初起動。画面の視野角は問題ないし、チラツキ感もない。
祝初起動。画面の視野角は問題ないし、チラツキ感もない。

 

それでは、初起動させます。画面をパカッと開けるだけです。起動時間の印象は「結構早い」でした。

 

というより、前評判が悪すぎたせいで案外早い=結構早いと認識させたようです。画面は、特にちらつくようなことは感じませんでした。わざと思いっきり近づかないと、ちらついて見えるようなことはありませんでした。

キートップのズレ??

キートップのズレが目立つらしいのですが、DM100ユーザーの私には違いが分かりませんでした(滝汗)
キートップのズレが目立つらしいのですが、DM100ユーザーの私には違いが分かりませんでした(滝汗)

キートップ(キーピッチ?、シール?)のズレがあるらしいのですが、前機種とおんなじような印象でした。そのため、この正体がわからずじまいでした。知っている方は教えてください。

 

変換性能は凄く良い!!

ポメラで色々変換してみた。凄くいいね!
ポメラで色々変換してみた。凄くいいね!

当方が変換性能を評価するときによくやるのが、「隔靴掻痒(かっかそうよう)」と、「犇々(ひしひし)」といった語を変換してみること。

モバイル関連の日本語FEP(フロントエンドプロセッサ、かな漢字変換システムの意味、そろそろ死語じゃないかしら)では、隔靴掻痒などの四字熟語すらまともに変換できないことが多いのですが、ポメラは大丈夫でした。犇々は変換候補にはあがりませんでしたが、もちろん「犇めく」が変換できたので合格点ではないかと感じました。

日本語FEPとしてはGoogle Inputにあと一歩の性能はもっていると感じます。但し、Google Inputはネットスラングなどを候補に上げてくる恐れがあるので、その点で私はポメラの日本語FEPを評価したいと思います。・・・まあ、予測変換機能がないので過剰な評価上昇の要員にはなりえませんけどね。

 

せっかくなので初期設定

初期設定せずにバンバン使える素晴らしさにかまけていて、初期設定をしていなかったのを思い出しましたので設定を行いました。

日付と時刻の設定

「メニュー」キーを押して、左右キーで設定を選び→「日付・時刻」を選択
「メニュー」キーを押して、左右キーで設定を選び→「日付・時刻」を選択。
時刻設定中の様子。時刻欄に直接数字を入れることは出来ない。
時刻設定中の様子。時刻欄に直接数字を入れることは出来ない。

 

 

電源管理

私は文章の同じところをぼーっと表示させたまま考え込みたいので、スリープはオフにしました。好みで選んでね。
スリープをしない設定にしたところ。

私は文章の同じところをぼーっと表示させたまま考え込みたいので、スリープはオフにしました。これは好みで選んでくださいね。

 

 

文字コードやその他の変更

デフォルトの文字コードはUTF-8、改行コードはCR+LFみたい。
デフォルトの文字コードはUTF-8、改行コードはCR+LFみたい。
文字コードの変更他は、ファイル管理から指定できる。
文字コードの変更他は、ファイル管理から指定できる。
文字コードは私はUTF-8でいいので、タイトルを無題じゃなく、先頭行を使うようにしました。
文字コードは私はUTF-8でいいので、タイトルを無題じゃなく、先頭行を使うようにしました。
改行コードもCR+LFでよいので、オートセーブ機能を有効にしておきました。
改行コードもCR+LFでよいので、オートセーブ機能を有効にしておきました。

 

 

 

 

 

書式のカーソル位置記憶設定も有効に

書式のカーソル位置設定を選んでいる所。カーソル位置が書式というのは微妙ですが。
書式のカーソル位置設定を選んでいる所。カーソル位置が書式というのは微妙ですが。
カーソル位置は終了時の位置で開く(編集位置復帰)の方が扱いやすいかもしれませんね。
カーソル位置は終了時の位置で開く(編集位置復帰)の方が扱いやすいかもしれませんね。

 

 

制御文字も表示させるように

制御文字は全部表示させるように。本当は全角スペースを表示して、半角スペースを非表示しにしたいんだけども。
制御文字は全部表示させるように。本当は全角スペースを表示して、半角スペースを非表示しにしたいんだけども。

 

 

その他のいろいろな機能を使ってみる

白黒反転モード

確かにこれは好きな人は好きそう。でも白黒反転モードはノングレアフィルム必須かもしれない。
確かにこれは好きな人は好きそう。でも白黒反転モードはノングレアフィルム必須かもしれない。

 

アウトライン編集と行番号表示

アウトライン編集しつつ行番号を表示したところ。一目瞭然で編集位置がわかる。
アウトライン編集しつつ行番号を表示したところ。一目瞭然で編集位置がわかる。

 

ポメラのアウトライン編集機能はとても便利です。

待ちに待ったDM200。 http://www.kingjim.co.jp/ より引用。
前回の記事では、アウトライン編集機能をこと細かく解説しましたが、 http://ganohr.net/blog/pomera-dm200-recommend-the-outl

※パソコンでアウトライン編集したい方は以下の記事が参考になるかもしれません。http://ganohr.net/blog/hidemaru-outline-dm200/http://ganohr.net/blog/dm200-pome-0020/

 

 

原稿用紙形式での表示機能

縦書き原稿用紙表示機能はいい感じ。でもどうせなら青空文庫形式ルビあたりにも対応してほしかった。
縦書き原稿用紙表示機能はいい感じ。でもどうせなら青空文庫形式ルビあたりにも対応してほしかった。
横書き原稿用紙表示機能は正直言ってダサいです。
横書き原稿用紙表示機能は正直言ってダサいです。

 

自動学習も凄くいい感じ。

品詞も自動推定しているのですが、これはいい加減みたいです。でも、間違ったものを消すだけ、品詞を正すだけでよくなるので、物凄く便利だと感じました。

自動学習がとても便利。但し、品詞の推定はとてもいい加減。
自動学習がとても便利。但し、品詞の推定はとてもいい加減。
品詞の推定はいい加減でも、自分で全て登録するより、消すか品詞を設定し直すだけで済むので物凄く便利。
品詞の推定はいい加減でも、自分で全て登録するより、消すか品詞を設定し直すだけで済むので物凄く便利。

 

 

 

動画レビュー

動画レビューを公開します。

1/3(ほぼ箱の開封)

2/3(入力テストや設定)

3/3(入力テストや設定)

 

 

 

 

 

最後に

DM200は本当に「現代に向けてチューンナップされたワープロ専用機(死語)」という印象を受けました。特に、単語の自動学習とアウトライン編集機能の使い勝手の良さはびっくりしました。殆ど何も設定しないでも、これだけシームレスなアウトラインエディタが手に入るというのは、結構凄いことだと思います。

私が個人の文筆業やアマ小説家として活動するなかで得たような、「種々のいい所取りをして産まれた機種」のように思います。

また、今後ポメラDM200で書いた小説をもとに、新たな小説サイトにて公開していこうと考えています。→DM200のいろいろな情報はこちらからどうぞ。

NIS8452soucyounoradio_TP_V_edit
更新履歴 2017/01/25 誤字修正。価格他を追記。 2017/01/23 初版公開。 皆さんこんにちは! 今回ありがたいことに、ショップジャパンさんのキャンペーン
deo_06_suntory_pamphlet
更新履歴: 2017/02/20 関連記事を更新 2017/01/23 タイトル変更。本文修正。 2017/01/17 文章構造を変更 2017/01/09 初版公開 あ
当サイトへお越しくださる方は、ポメラDM200(キングジム社)を既に購入されているか、購入を考えているものの迷っている方だと思います。 実売4万円前後もするテキスト専用機
待ちに待ったDM200。 http://www.kingjim.co.jp/ より引用。
更新履歴 2017/02/09 アウトラインを変更。関連記事を更新。 2016/10/31 コメント多謝。指摘事項を反映。 2016/10/26 初版公開。 今回は人気シリ
ポメラDM200
更新履歴 2017/01/28 関連記事を更新。誤表記を修正。 2016/11/29 バッテリー検証結果を修正。4,000mAhでほぼ確定。 2016/11/17 バッテリー
ポメラDM200
当サイトの管理人は、ポメラDM200(キングジム社製品)を愛用する自称ポメラニアンです。 当サイトはポメラDM200の性能を調査しその結果を公表してきましたが、今後のさらなる
ポメラDM200。前機種から様々な機能拡張が成されている。
2017/01/06 更新:バッテリー容量の公式回答を付記。 2016/11/29 更新:液晶の輝度の計測結果を付記。 2016/11/22 更新:バッテリー容量の検証結果を付
カンデラの語源はキャンドル(ロウソク)
更新履歴 2017/02/21 ver1.2の計測結果を付記。文章構造及びアウトライン変更。 2017/02/20 ポメラDM200のアップデート内容を追記 2016/12/
vintage-1148940_960_720
更新履歴 2017/01/26 関連記事一覧を更新。 2017/01/17 一部の表現を改善。 2017/01/16 本内容を取り入れた、自作推敲ツールを追加。 2017/
workstation-336369_960_720
更新履歴 2017/01/23 本文を微修正。 2017/01/22 初版公開。 当サイトが開発している【推敲支援ツール - Bee】。 分かりやすく読みやすい
百聞は一見にしかず。T-Chartの実践例を紹介します。
更新履歴 2017/02/09 誤記を修正。 2017/01/21 誤記・誤植を修正。 2017/01/20 補足を追記。 2017/01/19 初版公開。 みな
この記事をシェアする
Ranking Site
にほんブログ村 PC家電ブログへ 

DM200の最新記事(最大10件)

投稿者:

Ganohr

https://twitter.com/garnot1 https://twitter.com/ganohr 私は小学4年からプログラミングを初め、ITエンジニアとしても10年の実績のある個人SEです。ハンドルは「ガノー」で、通常の綴は「Garnot」です。「Ganohr」はガノーという音と、「Gan=ガン(目)、Ohr=オール(耳、ドイツ語)=目と耳」という意味を込めたものです。 目と耳に届く情報を大切にしたい! 目と耳で楽しめるゲームやコンテンツを作りたい、発信したい! そういう思いで当サイトを運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM対策が施されています。投稿に失敗すると1時間ロックされます。