Beeは文章に針を刺すように、指摘事項を強調します。年齢層によるものではありません。

ブログ用の推敲支援ツール!Bee

この記事をシェアする
更新履歴

2017/01/28 バージョンアップしました。Ver0.3
2017/01/19 バージョンアップしました。Ver0.2
2017/01/18 対象OSを明示。指摘感謝。
2017/01/17 ダウンロードリンク修正。参考文献を追加。
2017/01/17 .Net Frameworkへのリンクを追加
2017/01/16 初版公開。Ver0.1

当サイトで公開している、ブログ用のわかりやすい文章の書き方。

そのポイントを踏まえて開発しているのが

Bee – “Bee” Easy Elaborater

です。

まだまだ開発バージョン(Version 0.3)ですが、

途中経過の報告もかねて、ソフトを公開します。

ぜひともダウンロードして、試してくださいね!

※ この記事は5分弱で読めます!

Beeは文章に針を刺すように、指摘事項を強調します。年齢層によるものではありません。
更新履歴 2017/01/30 ショートコードの説明を修正。誤記修正。 2017/01/27 初版公開 当サイトが開発している推敲支援ツール「Bee」、もう導入しましたか?
workstation-336369_960_720
更新履歴 2017/01/23 本文を微修正。 2017/01/22 初版公開。 当サイトが開発している【推敲支援ツール - Bee】。 分かりやすく読みやすい
NIS8452soucyounoradio_TP_V_edit
更新履歴 2017/01/25 誤字修正。価格他を追記。 2017/01/23 初版公開。 皆さんこんにちは! 今回ありがたいことに、ショップジャパンさんのキャンペーン
百聞は一見にしかず。T-Chartの実践例を紹介します。
更新履歴 2017/02/09 誤記を修正。 2017/01/21 誤記・誤植を修正。 2017/01/20 補足を追記。 2017/01/19 初版公開。 みな
deo_06_suntory_pamphlet
更新履歴: 2017/02/20 関連記事を更新 2017/01/23 タイトル変更。本文修正。 2017/01/17 文章構造を変更 2017/01/09 初版公開 あ
vintage-1148940_960_720
更新履歴 2017/01/26 関連記事一覧を更新。 2017/01/17 一部の表現を改善。 2017/01/16 本内容を取り入れた、自作推敲ツールを追加。 2017/

 

 

簡単なつかい方

まず、簡単なつかい方を解説します。

 

 

ソフトを起動する

ソフトを起動するには「Bee.exe」をダブルクリックします。
ソフトを起動するには「Bee.exe」をダブルクリックします。

 

起動画面。つかえない機能はグレーになっています。
起動画面。現在しようできない機能はグレーになっています。

 

 

ブログの記事を思ったまま書く

編集領域に、ブログの記事を書いていきます。

 

あ、もしかして、ブログの記事。

書くのに慣れていませんか?
または、執筆が遅いことにお悩みではありませんか?
そのような方は、以下の電子書籍がおすすめです!!

A5サイズでも罫線メモにはページ番号はありません(クリックで拡大)
更新履歴 2017/01/17 分かりやすい文章を書くためのツールのリンクを追加。 2016/12/29 初版公開。 みなさんこんにちは! 今この記事をお読みになっ

 

と、不意の記事紹介でした(笑)。

 

 

もちろん、Beeには読み込み機能や、保存機能もついています。

ですので、すでに書いている記事を読み込んでも構いません。

 

今回は、試しに以前書いた記事を読み込んでみました。

当時はBeeを作っていないので、かなりダメダメな文章を書いていました(笑)

以前書いた記事をBeeで読み込んだところ(Ver0.1の画面です。クリックで拡大します)
以前書いた記事をBeeで読み込んだところ

 

また、

  • 文章の中に改行記号が何個あるか
  • 総文字数は何字か
  • 全角文字は何字か
  • 半角文字は何字か
  • 漢字は何字か
  • ひらがなやカタカナは、合わせて何字か

などの情報も表示しています。

 

 

推敲機能を呼びだす

ある程度記事を書いたら、「推敲実施」ボタンをおします。

また、キーボードからは「CTRL+F8」キーをおして呼びだせます。

推敲機能は画面のボタンから呼びだせます。CTRL+F8をおしても呼びだせます。
推敲機能は画面のボタンから呼びだせます。CTRL+F8をおしても呼びだせます。

 

すると、

  • 記事に問題点が何か所あるか表示します
  • しかも問題のある個所を色付きで表示します

 

実際に推敲機能を使用したところ。カラフル~!
実際に推敲機能を使用したところ。カラフル~!

 

 

ちなみに、Beeは軽さを意識して作成しています。

ですので、2万文字を超える記事も一瞬で処理できます!

 

 

 

指摘された箇所を修正する

Beeはよくある推敲ツールとは異なります。

推敲にて指摘された箇所をそのまま編集できる

のです。

 

ですので、推敲と修正がとても簡単です。

 

何回も推敲を重ねることで、

どなたでも、読みやすく、わかりやすい文章を書ける

のではないかと期待しています。

 

実際に、先ほどの指摘された内容を、記事の先頭だけ修正しました。

指摘されている件数が減っていることがパッとみて分かります。

これ、とても便利ですよね?。

指摘された内容を修正し、再度推敲ボタンをおしたところ。指摘事項がなくなりました! これは便利だね!!
指摘された内容を修正し、再度推敲ボタンをおしたところ。編集した箇所の指摘事項がなくなりました!

 

 

機能の詳細

「特定表現を強制置換」機能に関して

Beeは、わかりやすいブログを書くために開発しています。

ですので、

ある程度漢字の使用を減らし、ひらがなで表現することを推奨しています。

しかし。

以下のようなことを感じませんか?

・どんな漢字をひらがなで書けばよいのか判断がむずかしい…。
・そもそも、漢字をひらがなに変えるのはメンドクサイ!

 

と。

そこでBeeの「特定表現を強制置換」する機能の出番です!

 

 

この文章が…
この文章が…

 

こうなります!
こうなります!

 

この例では、

  • 「投げ出した」→「投げだした」
  • 使いたくなります」→「つかいたくなります」

といった感じで変更されています。

 

変換結果にもちゃんと色がついているので、結果を確認するのにも役立ちます。

 

このようにBeeなら、

30項目以上の漢字(表現)を、自動的にひらがなへ変更

できます。

 

ただし!

この機能は、別に「正しく文節を認識してーー」とか「人工知能をもちいてーー」などのような、いわゆる「ちゃんとした解析」をしていません。

ですので、まれに変換が間違うこともあります。

もちろん、この可能性はとても低いです。

 

それでも前述のとおり、「変換した箇所」はみたら一目でわかります。

 

したがって、

この機能をつかったら、ちゃんと変換された箇所を確認

するよう徹底してくださいね!

というか、それが推敲ですからね!!

 

また、

ひらがなの連続がもとは10字未満だったものを、この機能で変換した結果、10字を超えることもあります。

もちろん、これはソフトの想定した効果です。

漢字を減らし、ひらがなの連続をへらすための推敲。

それこそが、このソフトの主眼です。

句点を補ったり、別の表現に置き換えるなどの対策を考えましょう!

 

 

Beeの欠点

いいことばかりに見えるBeeですが、

現状は開発中であるため、いろいろな欠点があります。

 

 

検索と置換ができない

テキストを編集するさいに、検索と置換ができないのは問題です。

これは、次期バージョンの課題となっています。

 

 

推敲機能の細かい調整ができない

Beeは、さまざまな技術的な理由で、利用者による機能の調整がおこなえません。

たとえば、

  • ひらがなの連続を指摘させる文字数を変更したり
  • 強制置換する言葉を追加したり
  • 強制置換する一部の言葉を無効化したり

といった、細かいことが指定できません。

 

なぜならこれらの制限が、

高速な処理性能を確保する上で必要なことだから

です。

 

今後、

利用者の利便性を高めつつ、高速性も両立できるよう、

Beeを進化させたいと思っています。

 

 

ダウンロード

 

以下のファイルを名前を付けて保存してください。

またZipファイルで圧縮されていますので、解凍してください。

  • bee_v0_1_00.zip(公開停止しました)
  • bee_v0_2_00.zip(公開停止しました)
  • bee_v0_3_00.zip(公開中)
 

 

 

 

 

最新版のスクリーンショット

推敲支援ツールBeeの0.3はタブエディタ兼ブログエディタへ!!(クリックで拡大)
推敲支援ツールBeeの0.3はタブエディタ兼ブログエディタへ!!(クリックで拡大)

 

 

動作環境

なお、Beeは「Microsoft .Net Framework 4.0」以上がひつようです。

OSはWindows 7とWindows 10で動作確認しています。

その他のWindowsであれば、Vista以降で動作するはずです。

その他のOSは未対応です。Windows RTでは使用できません。

動作対象外の方々、申し訳ありません!

 

 

バージョンアップ履歴

2017/01/27 Ver0.3 公開
● エディター部分
→ タブ編集機能がつきました。
→ 見出しの強調・一覧機能がつきました。
→ 定型文を簡単に挿入できます。
→ リンクや改行を簡単に追加できます。

●推敲機能
→ 漢字と仮名の比率が表示されます。

※ その他は以下の記事を参照してください。

http://ganohr.net/blog/bee_ver_0_3_is_here/

 
2017/01/19 Ver0.2 公開
● エディター部分
→ 編集領域の文字サイズが大きくなりました。
→ 推敲機能等を呼び出した後の、エディター挙動を改善しました。

● ステータス部分
→ 多くのステータスが表示できるように修正しました。
→ 編集中の自動ステータス更新機能を改善しました。
→ ステータスを更新するためのメニューを作成・追加しました。
→ ひらがな・カタカナを別のステータスへ分離しました。
→ ステータスの情報がコピー可能になりました。

● 推敲機能
→ ひらがなの連続を10字丁度まで許容するように修正しました。
→ 漢字の連続を5字丁度まで許容するように修正しました。

● 編集機能
→ 行末の「無駄なスペース記号」を、自動除去する機能が増えました。

2017/01/16 Ver0.1 初版公開

 

 

参考文献

「特定表現を強制置換」の機能は、下記サイト様の内容を一部参考にさせて頂いています。

 

 

最後に

ブログ。わかりやすい文章を書くことが求められますよね。

しかし、私は

ブログでわかりやすい文章を書くためには、文才など不要

だと思っています。

その証明の一助として、このBeeがあなたのお役に立てば幸いです。

今後のバージョンアップを、ぜひお待ちくださいね!

 

NIS8452soucyounoradio_TP_V_edit
更新履歴 2017/01/25 誤字修正。価格他を追記。 2017/01/23 初版公開。 皆さんこんにちは! 今回ありがたいことに、ショップジャパンさんのキャンペーン
Beeは文章に針を刺すように、指摘事項を強調します。年齢層によるものではありません。
更新履歴 2017/01/30 ショートコードの説明を修正。誤記修正。 2017/01/27 初版公開 当サイトが開発している推敲支援ツール「Bee」、もう導入しましたか?
workstation-336369_960_720
更新履歴 2017/01/23 本文を微修正。 2017/01/22 初版公開。 当サイトが開発している【推敲支援ツール - Bee】。 分かりやすく読みやすい
vintage-1148940_960_720
更新履歴 2017/01/26 関連記事一覧を更新。 2017/01/17 一部の表現を改善。 2017/01/16 本内容を取り入れた、自作推敲ツールを追加。 2017/
広島県にある原爆ドーム
2016年を代表する映画としては「君の名は。」で間違いないでしょう。 今も公開中ですよね。 アニメ映画として、おどろくほどの大ヒット。 そしてまた、同じア
漢字ってなんでこんなに難しいんだよ! しかも量も多いし…。かといって必要な場面も多いし…
更新履歴 2017/01/23 内容修正。 2017/01/21 初版公開 皆さんこんにちは! 日ごろから小説を書いているのに、漢字が壊滅的に書けないガノーです。
drone-1080844_960_720
更新履歴 2017/03/08 誤記修正。 2016/12/12 今回購入した商品が届きました! 2016/12/06 初版公開。 兄がお正月は元日に誕生日を迎えるので、ク
一般的なシェーバー。
2016/12/01 更新:「肌」(はだ)の字が一部のブラウザーにおいて文字化けする現象を確認したため「はだ」と表記を変えました。 あなたや、もしくはあなたの旦那さんや彼氏な
この記事をシェアする
Ranking Site
にほんブログ村 PC家電ブログへ 

投稿者:

Ganohr

https://twitter.com/garnot1 https://twitter.com/ganohr 私は小学4年からプログラミングを初め、ITエンジニアとしても10年の実績のある個人SEです。ハンドルは「ガノー」で、通常の綴は「Garnot」です。「Ganohr」はガノーという音と、「Gan=ガン(目)、Ohr=オール(耳、ドイツ語)=目と耳」という意味を込めたものです。 目と耳に届く情報を大切にしたい! 目と耳で楽しめるゲームやコンテンツを作りたい、発信したい! そういう思いで当サイトを運営しています。

「ブログ用の推敲支援ツール!Bee」への2件のフィードバック

  1. ガノーさん、はじめまして!
    いつもメルマガのご購読、ありがとうございます。

    先程は、
    ブログへご訪問ならびにコメントまでいただきまして
    ありがとうございます。

    ソフトを開発とは、すごいですね。
    興味深いソフトです^^
    早速、ダウンロードさせていただきますね。

    >ブログで分かりやすい文章を書くためには、文才など不要
    同感です。
    そして必ずBeeが役に立ってくれるはずです。

    またお邪魔させていただきますね。
    今後ともよろしくお願いいたします。

    応援完了です!

  2. ヒロさん、お早うございます!

    ご訪問&コメントまでありがとうございます!
    いつもブログ更新&メルマガ更新楽しみにしています!
    ヒロさんのサイトに触発されて機能を追加した部分も多いので
    コメント嬉しいです!
    リンク掲載許可を頂くだけのつもりが、とても嬉しいです(*´∀`*)

    またお邪魔させて頂きます(*´ω`*)
    今後とも宜しくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM対策が施されています。投稿に失敗すると1時間ロックされます。